15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > ブエナビスタへの挑戦権を獲得するのはどの馬か?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2021年フィリーズR ブエナビスタへの挑戦権を獲得するのはどの馬か?

今週のメインレースは、桜花賞トライアルの第43回フィリーズレビューである。今年の牝馬クラシック戦線はブエナビスタが大きくリードしており、第43回フィリーズレビューは、ブエナビスタへの挑戦権獲得のためのレースとなりそうである。そこで、第43回フィリーズレビューに出走する有力各馬の能力について、ステップレースごとに分析する。

東京で行われたマイル重賞のクイーンカップからは、4着のミクロコスモス(武豊)、5着のアンジュアイル、6着のグローリールピナス、8着のパールシャドウ(岩田)及び9着のカツヨトワイニングが第43回フィリーズレビューに出走を予定している。ミクロコスモスは、クイーンカップにおいて、単勝1.7倍と断然の1番人気を裏切って4着に敗れてしまったが、直線の攻防で勝ち馬のディアジーナに大きく寄られる不利を受けてのものであり、悲観すべき内容ではない。また、ミクロコスモスは、キャリア1戦で臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズでも、直線だけの競馬で3着に追い込んでおり、ブエナビスタを除けば3歳牝馬トップクラスの実力を秘めていることは間違いない。よって、ブエナビスタ不在の第43回フィリーズレビュー、ミクロコスモスに高い評価を与えるのは当然と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アンジュアイルは、クイーンカップにおいて、後方のインから直線だけの競馬で5着に追い込んだ。アンジュアイルのクイーンカップの5着は、ミクロコスモスと0秒1差という着差だけを考えれば立派だが、直線でもインを突くコースロスのない競馬をさせた吉田豊騎手の好騎乗によるものであり、着順ほどのレース内容ではない。よって、第43回フィリーズレビュー、よほど展開に恵まれない限り、アンジュアイルが馬券に絡むことは難しいと第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、6着のグローリールピナス及び9着のカツヨトワイニングは、クイーンカップのレース内容にまったく見所がなかったので、第43回フィリーズレビューで好走する可能性はかなり低い。一方で、パールシャドウは、フェアリーステークスで6着、クイーンカップで8着と人気を裏切り続けているが、いずれの敗戦も不利を受けてのものであり、度外視することもできる。よって、早くから岩田騎手を確保している第43回フィリーズレビューでは、パールシャドウの巻き返しがあってもおかしくはないと競馬理論の競馬予想では判断している。ただし、パールシャドウは、実力以上にいつも人気になる上に、岩田騎手の騎乗ということもあり、更なる人気も予想される。このように実力以上の人気となった場合には、馬券的な期待値を考慮して、パールシャドウを押さえ程度の評価にとどめるべきであろう。

一方、エルフィンステークス組からは、3着のチャームポット(和田)、4着のアイアムカミノマゴ(福永祐一)、6着のアイレンベルク(渡辺)及び8着のアディアフォーン(小牧太)が第43回フィリーズレビューに出走を予定している。エルフィンステークスにおいて、チャームポットはインの3番手から直線でも最内を突く競馬、アイアムカミノマゴはスローペースを単騎で逃げる競馬と、いずれも展開に恵まれながらも勝ちきれておらず、特筆すべき内容ではない。よって、第43回フィリーズレビュー、チャームポット及びアイアムカミノマゴに押さえ程度の評価を与えれば十分と第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方で、アイレンベルクは、紅梅賞及びエルフィンステークスにおいて、スローペースで脚を余して敗れていることから、展開さえ嵌れば第43回フィリーズレビューでも通用する可能性はある。しかしながら、先週までの阪神の芝コースを見る限り、インが有利な馬場状態が続いているので、第43回フィリーズレビューにおいてアイレンベルク向きの展開になる可能性は低いと競馬理論の競馬予想では判断している。一方、8着のアディアフォーンは、エルフィンステークスの内容がまったく見所がなかったので、第43回フィリーズレビューで一変することはないだろう。

一方で、紅梅賞組からは、1着のコウエイハート(川田)、2着のチャームポット、4着のアイアムカミノマゴ、5着のアイレンベルク及び6着のアイレンベルクなどが第43回フィリーズレビューに出走を予定している。チャームポット、アイアムカミノマゴ、アイレンベルク及びアイレンベルクについては、先ほど分析させていただいたので、ここでは省略する。コウエイハートは、紅梅賞において、2番手から早め先頭の競馬で押し切って勝利を収めた。コウエイハートの紅梅賞の勝利は、800m通過48秒0の超スローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであって、2着のチャームポットとは着差ほどの能力差はない。よって、紅梅賞よりもかなりペースが速くなることが予想される第43回フィリーズレビュー、コウエイハートにあまり高い評価を与えるべきではないと第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、500万下特別のこぶし賞からは、1着のスイリンカ及び2着のデセール(藤田)などが第43回フィリーズレビューに出走を予定している。スイリンカ及びデセールは、こぶし賞で後続を引き離しており、その上、ともにキャリア2戦と底を見せていないことからも、未知の魅力を感じる。よって、第43回フィリーズレビュー、出走してくるようであれば、スイリンカ及びデセールにそれ相応の高い評価を与えるべきと第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

別路線組では、ショウナンカッサイ(幸)及びレイナクーバ(熊沢)に注目すべきであろう。ショウナンカッサイは、2連勝後に臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズで4着に破れてしまったが、追い込み馬が掲示板を独占した前潰れの展開を考慮すると好内容であり、展開次第では3着のミクロコスモスを逆転可能である。よって、今のイン有利の阪神競馬場で行われ、距離が200m短縮する第43回フィリーズレビュー、休み明けといえども、ショウナンカッサイに高い評価を与えるべきと第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、レイナクーバは、新馬戦の勝ち方及び時計が圧巻で、重賞でも通用しそうな素質馬である。よって、抽選を突破して第43回フィリーズレビューに出走してくるようであれば、レイナクーバにそれなりの評価を与えるべきと第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第43回フィリーズレビューに出走する有力各馬の能力を分析した。抽選があることもあり、出走馬が確定していないので、他にも好走する可能性がある馬もいるが、現時点ではこの程度にとどめておく。第43回フィリーズレビューの競馬理論の競馬予想は、この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第43回フィリーズレビューの最終的な予想を決断する。競馬理論の競馬予想のファンの方は、第43回フィリーズレビューの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>