14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > 第42回フィリーズレビュー

2008年フィリーズR「第42回フィリーズレビュー」

2008/03/16 UP
by 予想屋マスター
回顧録

フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

第42回フィリーズレビューは、1番人気のエイムアットビップ(福永)が結果、第42回フィリーズレビューで10着に敗れ、11番人気のマイネレーツェル(池添)が結果、第42回フィリーズレビューで1着、7番人気のベストオブミー(安藤)が2着という大波乱の結果となった。

競馬理論は、特集記事でも述べたように、エイムアットビップの能力が断然と判断していた。

しかしながら、阪神競馬場の芝コースはインが極端に有利な状態となっていることを考慮し、競馬理論はエイムアットビップの評価を下げ、レジネッタ(小牧)を始めとする内枠の馬を重視して予想した。

競馬理論の本命のレジネッタが結果、第42回フィリーズレビューで3着に敗れてしまったため、万馬券を的中し損ねたが、いかに馬場状態が大切かということを競馬理論のファンの方には分かって頂けたと思う。

第42回フィリーズレビューを制したのは、マイネレーツェルである。

マイネレーツェルは、結果、第42回フィリーズレビューで2着のベストオブミーと並んだ後方の位置から競馬を進め、直線で外に持ち出されると抜群の切れ味を発揮して、内の15頭をまとめて差し切った。

マイネレーツェルの第42回フィリーズレビューの勝利は、有力馬の凡走に助けられたものではあるが、イン有利の馬場を外から差し切ってのものであり、内容的には悪くはない。

よって、マイネレーツェルは、メンバー次第で今後の重賞戦線でも好走可能と競馬理論では判断している。

第42回フィリーズレビューの結果、2着には、ベストオブミー(安藤)が入った。

ベストオブミーは、後方のインから競馬を進め、直線に向いても最内から追い込み、結果、第42回フィリーズレビューで2着に食い込んだ。

ベストオブミーの第42回フィリーズレビューの結果、第42回フィリーズレビューで2着は、イン有利の馬場を最大限に生かしてのものであり、レース内容の価値は低い。

よって、第42回フィリーズレビューの2着で人気になるようであれば、次走以降において、ベストオブミーの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

競馬理論の本命馬のレジネッタは結果、第42回フィリーズレビューで3着に敗れてしまった。

レジネッタはスタートで僅かに出負けしてしまったことが影響して、中段よりやや後方の馬込みの中でレースを進めることになってしまった。

そして、レジネッタは、直線に向くと外に持ち出されて追い込んだが、結果、第42回フィリーズレビューで3着に敗れてしまった。

競馬にタラレバは禁物であるが、レジネッタは、スタートさえ互角ならば、中段のインを追走して、勝利を収めていただろう。

よって、次走以降、結果、第42回フィリーズレビューで2着のベストオブミーよりも、結果、第42回フィリーズレビューで3着のレジネッタに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

第42回フィリーズレビューの4着はラペ(川田)、5着はビーチアイドル(岩田)であった。

レース内容を振り返ると、ラペは終始外を回らされての結果、第42回フィリーズレビューで4着であるのに対し、ビーチアイドルはインの3番手を追走しての5着である。

よって、ラペとビーチアイドルとの能力差は、クビ差の着差以上のものと判断できる。

そのため、次走以降において、ビーチアイドルよりもラペを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

人気のエイムアットビップは、見せ場なく10着に敗れてしまった。

エイムアットビップの敗戦は、休み明け且つ外枠で折り合いを欠いてのものであり、度外視できる。

よって、エイムアットビップが次走以降で自分の競馬をすれば巻き返す可能性は高いと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第42回フィリーズレビューの結果を分析した。

ただし、第42回フィリーズレビューはレースのレベルが低かったので、本番の桜花賞に直結する可能性は低いと競馬理論では判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください