14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > 第41回フィリーズレビュー
2007/03/11
予想屋マスター
回顧録

フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2007年フィリーズR 第41回フィリーズレビュー

桜花賞トライアルの第41回フィリーズレビューの結果は、アストンマーチャン(武豊)の強さだけが際立つ一戦となった。

第41回フィリーズレビューの結果はアストンマーチャンは、逃げを打てるような好スタートを切ったものの、本番の桜花賞を想定して意識的に好位の4~5番手に控えた。

そして、第41回フィリーズレビューの結果でアストンマーチャンは、4コーナで馬なりで先頭に並びかけ、直線半ばで武豊騎手に仕掛けられると、抜群の反応を見せ、結果2着のアマノチェリーランをあっという間に突き放して、先頭でゴールインした。

アストンマーチャンの第41回フィリーズレビューのレース内容は完璧であり、アストンマーチャンは、フィリーズレビューに出走した他の馬にマイル以下の距離で破れることはないであろう。

よって、競馬理論は、第41回フィリーズレビューの結果でアストンマーチャンを打倒ウォッカの一番手として現時点では評価する。

更に、展開や武豊騎手の騎乗によっては、1500mの桜花賞ならば、アストンマーチャンが、ウォッカに結果、先着してもおかしくないと競馬理論では判断している。

2着には、10番人気のアマノチェリーラン(池添)が粘り込んだ。アマノチェリーランは、好スタートを切ると、逃げたビューティフルローズの2番手から競馬を進めた。

そして、アマノチェリーランは、4コーナで一旦先頭に立ったものの、アストンマーチャンに簡単に交わされてしまった。しかしながら、アマノチェリーランは、アストンマーチャンに交わされてからも、しぶとい粘り腰を見せて、結果2着に逃げ粘った。

ただし、アマノチェリーランの結果2着は、800m通過45.5秒という超スローペース及びアストンマーチャンが仕掛けを遅らせたことによるものと競馬理論では判断している。

桜花賞が第41回フィリーズレビューと同様のスローペースになるとは考えにくく、アマノチェリーランが、本番の桜花賞で通用する可能性はかなり低いと競馬理論では判断している。

結果3着にはハギノルチェーレ(武幸四郎)、結果4着にはヒカルアモーレ(岩田)が追い込んだ。ハギノルチェーレ及びヒカルアモーレは、超スローペースの展開で脚を余してしまった感が強い。

よって、第41回フィリーズレビュー結果のレース内容としては、ハギノルチェーレ及びヒカルアモーレが、アマノチェリーランよりも上である。そのため、本番の桜花賞では、ハギノルチェーレ及びヒカルアモーレが、アマノチェリーランに結果先着するであろう。

しかしながら、第41回フィリーズレビューはハギノルチェーレ及びヒカルアモーレが、アストンマーチャンを逆転するまでは難しいと競馬理論では判断している。

以上のように、第41回フィリーズレビューは、アストンマーチャンの独壇場となってしまった。第41回フィリーズレビューを終えて、桜花賞は、アストンマーチャンとウォッカの一騎打ちとなる可能性が高まった。

しかしながら、桜花賞は、多頭数の牝馬限定のレースなので、油断は禁物である。競馬理論は、枠順や直前の調教などを加味して、桜花賞の予想を決断しようと考えている。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>