2/7(日)WIN5予想的中!払戻額188万円
15年連続プラス収支、勝ち続けることが信頼の証
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > 第39回フィリーズレビュー

2021年 フィリーズR 第39回フィリーズレビュー

2005/03/13
予想屋マスター
回顧録

フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

第39回フィリーズレビューの競馬理論はほぼ完璧だった。本命がラインクラフト(福永祐一)であり、対抗がディアデラノビア(安藤克己)であり、3番手評価がデアリングハート(武幸四郎)であった。実際のフィリーズレビューの結果は、1着がラインクラフトで、2着がデアリングハートであった。ラインクラフトは、前走の阪神ジュベナイルフィリーズで初めての敗戦を経験した。ここで、阪神ジュベナイルフィリーズを振り返る。

第39回フィリーズレビューはラインクラフトは、スタートで出遅れて、スローな流れを4コーナで外に出す横綱競馬をした。その結果、インをすくったショウナンパントル(吉田豊)及びアンブロワーズ(ホワイト)に結果先着を許した。つまり、ラインクラフトのレース内容は抜群であり、負けて強しの内容であった

第39回フィリーズレビューでラインクラフトは、本番に向けて、ここでは負けられないと競馬理論では考えていた。ラインクラフトは、フィリーズレビューで、スローな流れの中、10番手から差しきった。ラインクラフトは、結果2着のデアリングハートと頭差であったが、結果着差以上の能力差がある。私の競馬理論では、ラインクラフトが現時点で最も桜花賞馬に近いと考えている。結果2着は7番人気のデアリングハートであった。デアリングハートはここ2走の着順で人気を落としていたが、阪神ジュベナイルフィリーズの内容を考えると、この程度走って当然である。

第39回フィリーズレビューでデアリングハートは、阪神ジュベナイルフィリーズで終始外を回っての5着であり、内容的には、ラインクラフトの次であった。なぜなら、阪神ジュベナイルフィリーズが行われる阪神の1500mは、スタート後すぐにカーブがあり、外枠が極端に不利だからである。つまり、デアリングハートは、今回、阪神ジュベナイルフィリーズ結果5着のジェダイト(デムーロ)に結果、先着する可能性が高い。また、デアリングハートのここ2走は、敗因がハッキリしている。

デアリングハートの前走は、入れ込みがきつく、折り合いを欠いて伸び切れなかった。デアリングハートの前々走は、超スローのインで、馬場の悪い所をとおった分だけ負けた。つまり、第39回フィリーズレビューでデアリングハートは、今回好走すべくして、好走した。

デアリングハートのフィリーズレビューを振り返ると、スローのインの3番手から抜け出した。今の阪神の芝の馬場は、どこを通っても同じである。デアリングハートは、スローで上手くインを突いてラインクラフトと差のない競馬をした。

しかし、デアリングハートは、レース内容を考えると、ラインクラフトを逆転できないと競馬理論では考えている。同様に、結果3着のエアメサイア、結果4着のディアデラノビアも差のない競馬をしたが、桜花賞でラインクラフトを逆転するのは難しいと競馬理論では考えている。つまり、フィリーズレビューは、ラインクラフトの能力の高さだけが目立った一戦だった。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>