リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
プロプランの抽選応募はこちら
TOP > 今週のレース予想 > フェブラリーステークス > フェブラリーステークス2019の回顧|インティが7連勝でG1制覇

【 フェブラリーステークス2019予想】フェブラリーステークス2019の回顧|インティが7連勝でG1制覇

2019/02/22
出走日:2019年02月24日(日)
フェブラリーステークス(G1)/東京競馬場/ダート1600m/左/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:9400万円

フェブラリーステークス(2019年)は、藤田菜七子騎手のG1初騎乗で注目を集めたが、1番人気のインティ(武豊)と2番人気のゴールドドリームという人気馬2頭での決着となった。

競馬理論の競馬予想では、サクセスエナジーに競り込まれる可能性を考慮し、インティを対抗評価にとどめた。

 

インティ

レースでは、インティは、好スタートを切ると、楽に先手を取ることができた。
そして、インティは、スローペースで馬なりのまま直線に向くと、直線入り口で後続を突き放して、ゴールドドリームの追い上げを退け、フェブラリーステークス(2019年)を制覇した。
インティのフェブラリーステークス(2019年)の勝利という結果は、G1にしてはかなり楽なペースで逃げる展開に恵まれたものだが、初の一線級相手でも逃げ切ったことは立派である。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、能力的に底を見せていないインティに高い評価を与えて当然である。

 

ゴールドドリーム

一方、フェブラリーステークス(2019年)では、2番人気のゴールドドリーム(ルメール)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、常に強い内容で崩れないゴールドドリームを連軸という意味で本命に予想した。
レースでは、ゴールドドリームは、中団の馬群の中で脚をためた。
そして、ゴールドドリームは、直線でスムーズに外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚を使ったが、インティを捕らえることはできず、2着止まりであった。
ゴールドドリームのフェブラリーステークス(2019年)の2着という結果は、スローの前残りの展開ながらもクビ差まで迫っており、負けて強しの内容であった。
よって、今後のG1戦線の競馬予想では、もう少し先行馬さえ揃っていれば、ゴールドドリームがインティを逆転可能と判断すべきである。

 

ユラノト

一方、フェブラリーステークス(2019年)では、8番人気のユラノト(福永祐一)が3着に入った。
ユラノトは、中団のインで脚をため、直線でも内を突いていい脚を使ったが、上位2頭には大きく離されてしまい、3着止まりであった。
ユラノトのフェブラリーステークス(2019年)の3着という結果は、スローで前が止まらない展開の中でロスのない競馬に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ユラノトが好走するためには、器用な先行力を生かせる展開になるかどうかにかかっていると判断すべきである。

 

以上のように、フェブラリーステークス(2019年)は、インティの逃げ切りで幕を閉じた。
ただし、レース内容としては、ゴールドドリームも互角以上であった。
競馬理論のファンの方は、今後もインティ及びゴールドドリームの走りに大いに期待して頂きたい。

この記事を書いた人
予想屋マスター事務局

回収率が最も高いプロプラン
締切まで
プロプランの抽選に応募する
もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください