長年の研究と独自の競馬理論に基づいた有料コンテンツサービス提供

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > フェブラリーステークス > 断然人気のトランセンドが7着に敗れる波乱

2012年 フェブラリーステークス 『断然人気のトランセンドが7着に敗れる波乱』

レース回顧録

出走日:2012年2月19日
優勝馬: テスタマッタ 優勝騎手: 岩田康誠

第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)は、単勝1.5倍と断然人気のトランセンドが敗れ、7番人気のテスタマッタ(岩田康)と4番人気のシルクフォーチュン(藤岡康)で結果する波乱のレースとなった。

競馬理論は、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)でシルクフォーチュンを本命に予想したことによって、馬連10,510円を的中することができた。

たくさんのお礼のメールを頂いておりますが、お返事できず申し訳ありません。本当にありがとうございました。

波乱の第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)を制したのは、テスタマッタであった。

競馬理論は、ジャパンダートダービーを制した実績や、58キロを背負いながらも差のない3着に好走した根岸ステークスの内容、第29回フェブラリーステークスの結果でハイペース必至のメンバー構成などから、テスタマッタにも高い評価を与えていた。

レースでは、テスタマッタは、ハイペースに巻き込まれるのを避けるように後方3番手の位置から競馬を進めた。

そしてテスタマッタは、直線で岩田騎手に追い出されると、一頭だけ次元の違う脚で突き抜け、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)を制覇した。

テスタマッタの第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の勝利は、前潰れの展開に恵まれたものではあるが、2着のシルクフォーチュンに2馬身もの差をつけており、きちんと折り合えさえすれば力が上であることを示した。

よって第29回フェブラリーステークス後のダート重賞戦線(2012年)においても、テスタマッタには高い評価を与えるべきである。

ただし、テスタマッタは、これまでの成績を見れば分かるように安定して能力を発揮するタイプでもないので、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の勝利だけで過剰に人気になるようであれば、押さえ程度にとどめるのも一つの手と競馬理論では判断している。

一方、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の2着には、シルクフォーチュンが追い込んだ。

競馬理論は、断然人気のトランセンドを他の有力馬がマークする展開でハイペース必至と判断し、南部杯の内容からハイペースならば逆転可能なシルクフォーチュンを第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の本命に予想した。

レースでは、シルクフォーチュンはゲートで立ち上がってしまいいつも以上に大きく出遅れてしまったため、最後方で直線勝負に徹した。

そしてシルクフォーチュンは、直線に向くとテスタマッタと同じ上がり最速の脚を使ったが、2着までが精一杯であった。

シルクフォーチュンの第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の2着は、スタートさえまともだったら際どい競馬ができたとみることもできるが、前潰れの展開に恵まれたものでもある。

よって今後のダート重賞戦線(2012年)においても、常にいい脚を使うシルクフォーチュンに高い評価を与えるべきである。

ただし、第29回フェブラリーステークスの結果でシルクフォーチュンは追い込み一手の脚質なので、外が伸びないイン有利の馬場状態では脚を余す可能性が高く、評価を下げるべきとも競馬理論では判断している。

一方、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)で2番人気のワンダーアキュートは、3着止まりであった。

ワンダーアキュートは、中団で折り合ってレースを進め直線でもジリジリと伸びたが、上位2頭にはあっという間にかわされてしまい、3着を確保するのが精一杯であった。

ワンダーアキュートの第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の3着は、前潰れの展開を成功法の競馬で上位2頭に差されただけで、レース内容としては上位2頭と差はない。

よって今後のダート戦線(2012年)、大きく崩れないワンダーアキュートに、テスタマッタ及びシルクフォーチュンと互角又はそれ以上の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)では、5番人気のダノンカモンが4着に入った。

ダノンカモンは先行集団の外目からレースを進め、トランセンドを自ら負かしに行く横綱競馬を試みたが、ゴール前で脚が鈍ってしまい4着止まりであった。

ダノンカモンの第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の4着は、断然人気のトランセンドを負かしに行ってのものであり、レース内容としては着順以上の評価が必要である。

よって今後のダート戦線においても、内で包まれずに競馬ができれば、ダノンカモンが一線級相手でも好走可能と競馬理論では判断している。

一方、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)で断然人気のトランセンド(藤田)は、単勝1.5倍を裏切り7着に敗れてしまった。

競馬理論は、芝のスタートが得意でない上に内枠にテンの速い先行馬がいたため、逃げる自分の競馬ができずに能力を発揮できないと判断し、トランセンドの評価を下げた。

第29回フェブラリーステークスの結果のレースでは、トランセンドは藤田騎手が懸命に押していったにもかかわらず、逃げが打てずに3番手からの競馬となった。

そしてトランセンドは、直線に向くとズルズルと後退してしまい、7着に敗れてしまった。

トランセンドの第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)の7着は、不得意な芝のスタートで行き脚がつかず、逃げる自分の競馬が出来なかったというように考えるので、度外視可能である。

よって今後の重賞戦線(2012年)においても、マイペースで逃げさえ打てれば、トランセンドが巻き返す可能性が極めて高いと競馬理論では判断している。

以上のように、第29回フェブラリーステークスの結果(2012年)は断然人気のトランセンドが敗れる波乱となった。

競馬理論のファンの方は、トランセンドのような馬でも展開が向かなければ敗れるという事実を理解し、展開の重要性を改めて認識して頂きたい。

今週のレース分析記事を読む

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

「レース回顧録」をもっと読む