14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > フェブラリーステークス > エスポワールシチーが力の違いを見せつけて圧勝
2010/02/21
予想屋マスター
回顧録

フェブラリーステークス -G1- 東京競馬場/ダート1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:9400万円

2010年フェブラリーステークス エスポワールシチーが力の違いを見せつけて圧勝

第27回フェブラリーステークスの結果は、断然の1番人気エスポワールシチー(佐藤哲三)が人気に応えて勝利を収めた。

競馬理論は、走ってみなければ分からない芝組を本命には予想できないので、ダート組の中では力が違うエスポワールシチーを連軸という意味で本命に予想した。

レースでは、第27回フェブラリーステークスの結果はエスポワールシチーは、東京ダート1500mの芝からのスタートという点を問題にせず、逃げたローレルゲレイロを見る形の2番手からレースを進めた。

そして、第27回フェブラリーステークスの結果でエスポワールシチーは、東京の長い直線にもかかわらず、早めに先頭に立つと、後続を引き離して、第27回フェブラリーステークスの結果を快勝した。

エスポワールシチーの第27回フェブラリーステークスの結果の勝利は、逃げない競馬で早め先頭という横綱競馬でのものであり、現在の日本のダート界では敵がいないことを見せつけた。

よって、第27回フェブラリーステークスの結果は後のダートのG1戦線においても、エスポワールシチーが負ける姿が想像できないので、常に本命の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第27回フェブラリーステークスの結果の2着には、4歳馬テスタマッタ(岩田康)が入った。

競馬理論は、第27回フェブラリーステークスの結果でダート界における4歳世代のレベルの高さと、去年のジャパンダートダービーにおいて、シルクメビウス(ジャパンカップダート2着馬)、グロリアスノア(根岸ステークス馬)及びスーニ(JBCスプリント馬)を破っている点を考慮し、テスタマッタには高い評価を与えていた。

第27回フェブラリーステークスの結果のレースでは、テスタマッタは、後方のインでじっくりと脚をためて、直線に向いたが、前が壁になってしまい、追い出しが遅れてしまった。

しかしながら、テスタマッタは、前が開くと、抜群の伸び脚を発揮して、サクセスブロッケンを交わしさり、2着に追い込んだ。

テスタマッタの第27回フェブラリーステークスの結果の2着は、エスポワールシチーが前を潰す展開に恵まれてのものではあるが、直線で前が壁になる不利を受けてのものでもあり、エスポワールシチーと着差ほどの能力差はない。

よって、今後のダート重賞戦線、エスポワールシチーさえ不在ならば、テスタマッタに本命級の高い評価を常に与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、去年の覇者サクセスブロッケン(内田博)は、2番人気に推されたが、3着に敗れてしまった。

サクセスブロッケンは、先行集団からレースを進め、4コーナーで先頭に並びかけて、エスポワールシチーを負かしに行ったが、直線で突き放されてしまい、3着に敗れてしまった。

サクセスブロッケンの第27回フェブラリーステークスの結果の3着は、エスポワールシチーを負かしに行ってのものであり、レース内容的には2着のテスタマッタと互角である。

よって、今後のダート重賞戦線、展開次第で、サクセスブロッケンがテスタマッタを逆転してもおかしくないと競馬理論では判断している。

以上のように、第27回フェブラリーステークスの結果は、エスポワールシチーの強さだけが目立つ一戦となった。

エスポワールシチーは、ドバイへの遠征を断念して国内に専念するので、日本のダート界では、エスポワールシチーがしばらくは中心になる。

競馬理論のファンの方は、今後のレースにおいても、最強馬エスポワールシチーの走りに大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>