14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フェブラリーステークス > 第25回フェブラリーステークス

2008年フェブラリーステークス「第25回フェブラリーステークス」

2008/02/24 UP
by 予想屋マスター
回顧録

フェブラリーステークス -G1- 東京競馬場/ダート1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:9400万円

第25回フェブラリーステークスの結果は、競馬理論の本命馬ヴァーミリアン(武豊)が快勝し、2着には、競馬理論の対抗馬ブルーコンコルドが入り、競馬理論は、第25回フェブラリーステークスの結果をほぼ完璧な予想で的中させることができた。

競馬理論のファンの皆様、たくさんのお礼のお電話及びメールありがとうございます。

第25回フェブラリーステークスの結果を制したのは、1番人気のヴァーミリアンである。

ヴァーミリアンは、久々のマイルの距離が心配されたが、何の問題もなく、先行集団の外からレースを進めた。

そして、ヴァーミリアンは、直線に向いても抜群の手応えで先頭に並びかけ、武豊騎手に追い出されると後続を突き放し、第25回フェブラリーステークスの結果の勝利を収めた。

ヴァーミリアンの第25回フェブラリーステークスの結果の勝利は、終始外を回って早めに先頭に立つ横綱競馬でのものであり、着差以上の強さを見せつけた。

よって、ヴァーミリアンにとっては、国内のダート戦線で敵なしと言っても問題ないだろう。

そこで、競馬理論は、日本最強馬ヴァーミリアンのドバイワールドカップでの走りに期待したい。

なお、今後の国内ダート重賞戦線、ヴァーミリアンに常に本命評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

第25回フェブラリーステークスの結果の2着には、競馬理論の穴馬で対抗評価のブルーコンコルドが入った。

ブルーコンコルドは、明けて8歳ということもあり人気を落としていたが、得意のマイル戦ならば一変可能と判断し、競馬理論は、ブルーコンコルドを対抗評価に抜擢した。

レースでは、ブルーコンコルドは、ヴァーミリアンの内の馬込みで待機し、直線で前が開くと、抜群の瞬発力で伸びてきたが、2着が精一杯であった。

ブルーコンコルドの第25回フェブラリーステークスの結果の2着は、ヴァーミリアンに最後まで追いすがってのものであり、相手が悪かっただけである。

よって、ブルーコンコルドは、得意のマイル前後の距離であれば、今後のダート重賞でも常に好走するであろう。

競馬理論のファンの方は、今後もブルーコンコルドの走りから目を離さないで欲しい。

第25回フェブラリーステークスの結果で2番人気のワイルドワンダーは、3着に敗れてしまった。

ワイルドワンダーは、ヴァーミリアンをマークする位置から競馬を進め、直線で一旦はヴァーミリアンに並びかけたが、突き放されてしまい3着に敗れてしまった。

ワイルドワンダーの第25回フェブラリーステークスの結果の3着は、終始外を回ってヴァーミリアンを負かしに行ってのものであり、内容的な価値は高い。

つまり、レース内容的にはワイルドワンダーとブルーコンコルドとは互角であり、この2頭は、展開次第で着順が入れ替わる可能性が高い。

よって、今後の重賞戦線においても、ワイルドワンダーに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第25回フェブラリーステークスの結果は、ヴァーミリアンの強さだけが目立った一戦となった。

この第25回フェブラリーステークスの結果の勝利で、ヴァーミリアンが国内ダート戦線では敵なしであることを証明した。

日本最強馬ヴァーミリアンが、今年こそドバイワールドカップで好走することを期待したい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください