14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フェブラリーステークス > 第23回フェブラリーステークス

2006年フェブラリーステークス「第23回フェブラリーステークス」

2006/02/19 UP
by 予想屋マスター
回顧録

フェブラリーステークス -G1- 東京競馬場/ダート1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:9400万円

第23回フェブラリーステークスの結果を振り返りたい。第23回フェブラリーステークスの結果は、競馬理論の予想通りにカネヒキリ(武豊)の圧勝で結果が出た。そして、第23回フェブラリーステークスの結果の2着に2番人気のシーキングザダイヤ(ペリエ)が入り、大本命での結果となった。

第23回フェブラリーステークスの結果でカネヒキリは、唯一の不安材料であったスタートを互角にきめると、中段の外を進んだ。そして、カネヒキリは、4コーナでも抜群の手ごたえで、武豊騎手が追い出すと突き抜けて快勝した。

第23回フェブラリーステークスの結果でこれで、カネヒキリは、ジャパンカップダートに続く勝利を収め、ダート戦で9戦8勝2着1回という完璧な成績となった。カネヒキリは、国内に敵なしといって問題ないだろう。

後は、第23回フェブラリーステークスの結果でカネヒキリがドバイで世界一となって日本の競馬のレベルの高さを証明して欲しい。シーキングザダイヤは、G1で7戦目の2着となった。また、第23回フェブラリーステークスの結果で3着にはユートピアが粘り込んだ。

第23回フェブラリーステークスの結果でメイショウボーラ(福永祐一)及びトウショウギア(藤田信二)が2頭で大競りとなったおかげで、ユートピア及びシーキングザゴールドは、第23回フェブラリーステークスの結果でミドルペースで逃げているのと同じ状態でレースを進められた。

つまり、第23回フェブラリーステークスの結果でこの2頭は、気分良く自分の競馬ができたので、直線でカネヒキリに交わされた後も粘ることができた。

ユートピア及びシーキングザゴールドは、展開に恵まれただけでなく実力も秘めていることを改めて示した。よって、第23回フェブラリーステークスの結果でユートピア及びシーキングザゴールドは、今後もG1戦線では中心となっていくと競馬理論は判断している。

但し、ユートピア及びシーキングザゴールドは、カネヒキリとは勝負付けが済んだと断言できる。競馬理論は、第23回フェブラリーステークスの結果でカネヒキリが圧勝するので、前が潰れて差し馬が2着に追い込んでくる展開になると予想していたので、ユートピア及びシーキングザゴールドを軽視していた。

馬券の期待値を重視する予想を信条とする競馬理論としては、正しい予想だったと考えている。4着には、ブルーコンコルド(幸)が入った。ブルーコンコルドは、2着に上がりそうな勢いで差してきたが、結局ユートピア及びシーキングザゴールドを交わせず、4着となった。

これは、ブルーコンコルドには、微妙に距離が長かったことが影響したと競馬理論は判断している。

ブルーコンコルドは、今後もダートの重賞で上位争いする可能性が高いと競馬理論は判断している。特に、ブルーコンコルドは、ベスト距離の1400mならば、カネヒキリ以外に負けないと断言できる。

フェブラリーステークスは、カネヒキリの強さだけが目立った一戦となった。今後も、カネヒキリのレースに注目したい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください