14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フェアリーステークス > 第21回フェアリーステークス

2004年フェアリーステークス「第21回フェアリーステークス」

2004/12/19 UP
by 予想屋マスター
回顧録

フェアリーステークス - G3- 中山競馬場/芝外1600m 右
条件: サラブレッド系3歳牝馬 賞金:3400万円

今週のフェアリーステークスの結果はG1フェアリーステークスのレースの狭間の週であった。各地で重賞が行われたのでそのフェアリーステークスのレースについて振り返りたい。まず、フェアリーステークスの結果の回顧として、勝ったフェリシア(横山典)は、横山典の【決め打ち乗り】が見事に嵌っての勝利といえる。フェアリーステークスの結果は、逃げたエアラニア(村田)が作った500m33.2秒のハイペースとなった。横山は、そのペースの中、フェリシアを10番手のインでジックリ抑えた。

そして、フェアリーステークスの結果でカシマフラワーが4コーナで外に出たので、フェリシアは、直線でポッカリ開いたインを突いた。つまり、フェアリーステークスの結果でフェリシアは、ペース及びコース取りが共に嵌っての勝利である。よって、フェアリーステークスの結果でフェリシアの能力自体は、2着のペニーホイッスル(柴田善)及び3着のカシマフラワー(吉田)より下である2着のペニーホイッスルは、終始外を回って勝ちに行ったので、フェリシアにインをすくわれた。フェアリーステークスの結果でペニーホイッスルは、間隔を開いてキャリア1戦ということを考慮すると、「今後が楽しみな馬」と言える。

フェアリーステークスの結果で3着のカシマフラワーは、4コーナで前が塞がる大きな不利があった。フェアリーステークスの結果でカシマフラワーは、この不利がありながら、残り100mで素晴らしい伸び脚を見せて3着であった。フェアリーステークスの結果でカシマフラワーが、4コーナでインを突いていてば、楽勝まであったと思われる。フェアリーステークスの結果で私の本命がカシマフラワーであったからひいき目で見て語っているのではない。結論として、フェアリーステークスの結果組では、勝ったフェリシアよりも、「2着ペニーホイッスルと及び3着カシマフラワーの次走」に注目すべきである。カシマフラワーは、距離1200mがベストでキャリアが多いので上がり目が少ない。ペニーホイッスルは、今後の内容次第では、桜花賞で上位になる可能性までありそうである。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください