14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > アストラエンブレムが上がり馬の勢いを見せられるか?

2017年エプソムカップ「アストラエンブレムが上がり馬の勢いを見せられるか?」

2017/06/06 UP
by 予想屋マスター

出走日:2017年06月11日(日)
エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

今週のメインレースは、エプソムカップ(2017年)である。
エプソムカップ(2017年)は、G1戦線の狭間で一線級不在ということも有り、人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想においては、エプソムカップ(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

新潟記念組からは、4着のフルーキー及び8着のトーセンレーヴがエプソムカップ(2017年)に出走登録している。
フルーキーの新潟記念の4着という結果は、直線の長い新潟コースと言えどもスローペースを大外から追い込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、堅実にいい脚を使うフルーキーに注意を払って当然だが、特に差しが届く展開になるようであればかなり高い評価を与えるべきである。

トーセンレーヴの新潟記念の8着という結果は、いつもと違う逃げの手を試みたものの、楽逃げの割には簡単に捕まってしまった。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、トーセンレーヴに高い評価は不要である。

福島民報杯組からは、1着のマイネルミラノがエプソムカップ(2017年)に出走登録している。
マイネルミラノの福島民報杯の勝利という結果は、逃げられずに、ハイペースを途中から先頭に立って押し切っており、小回りの福島コースを考慮しても強い内容であった。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、メンバー強化を考慮しても、マイネルミラノが楽に先行できるようであれば粘り込みにも注目すべきである。

都大路ステークス組からは、4着のパドルウィール及び10着のベルーフがエプソムカップ(2017年)に出走登録している。
パドルウィールの都大路ステークスの4着という結果は、ダノンメジャーが逃げ切る展開のスローの2番手追走だったことを考慮すると、褒められるレース内容ではなかった。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、パドルウィールが好走するためには、イン有利の馬場での好位のインを追走するなどかなりの展開の助けが必要である。

ベルーフの都大路ステークスの10着という結果は、道悪で能力を発揮できなかったとみれば度外視可能である。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ベルーフにも多少の注意を払うべきである。

メイステークス組からは、1着のタイセイサミット(戸崎圭太)、2着のアストラエンブレム(デムーロ)、3着のクラリティスカイ(田辺裕信)、4着のヒストリカル(横山典弘)、5着のバーディーイーグル(吉田豊)、6着のナスノセイカン(丸山元気)がエプソムカップ(2017年)に出走登録している。
タイセイサミットのメイステークスの勝利という結果は、イン有利の馬場において1枠から楽に先行する展開に恵まれたものである。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、タイセイサミットを人気ほど過大評価すべきでないと判断している。

アストラエンブレムのメイステークスの2着という結果は、スローペースで

タイセイサミットを捕えきれなかっただけであり力負けではない。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、アストラエンブレムがタイセイサミットを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

クラリティスカイのメイステークスの3着という結果は、スローで途中から先頭にたった割には残念な内容だが、休み明けで57.5キロであったことを考慮すると、火感すべき内容でもない。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、クラリティスカイにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

ヒストリカルのメイステークスの4着という結果は、前残りの馬場・展開の中で上がり32秒7の脚を追い込んでいる。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ヒストリカルにも注意を払うべきである。

バーディーイーグル及びナスノセイカンは、メイステークスの見所のないレース内容を見る限り、エプソムカップ(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

ヴィクトリアマイル組からは、2着のデンコウアンジュがエプソムカップ(2017年)に出走登録している。
デンコウアンジュのヴィクトリアマイルの2着という結果は、内を通った馬が上位を独占する展開の中で唯一外から追い込んでおり、非常に強い内容であった。
よって、エプソムカップ(2017年)の競馬予想においては、牡馬相手を考慮しても、デンコウアンジュには高い評価を与えるべきである。

以上のように競馬理論の競馬予想では、エプソムカップ(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などを加味して、エプソムカップ(2017年)の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、エプソムカップ(2017年)の予想をお楽しみに。

展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください