14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > クラレントがG1へ向けて賞金を加算
2013/06/13
予想屋マスター
回顧録

エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

2013年エプソムカップ クラレントがG1へ向けて賞金を加算

第30回エプソムカップは、ジャスタウェイ(福永祐一)と3センチ差の大接戦をクラレント(岩田康誠)が制し、4つ目の重賞をゲットした。
競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成により、岩田康誠騎手ならば好位のインを走らせて展開に恵まれる可能性が高いと判断し、クラレントにも高い評価を与えていた。

レースでは、クラレントはスズジュピターの大逃げから離れた2番手を気分よく追走し、直線の坂の途中で早くも先頭に立つと、そのまま押し切り第30回エプソムカップを制覇した。

クラレントの第30回エプソムカップの勝利という結果は、スズジュピターの大逃げを受けて、スローペースの単騎逃げと同じような展開となったことに恵まれたものであり、レース内容としての価値は高くないものの、1800mの距離を克服したことは評価に値する。

よって第30回エプソムカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、クラレントに重賞4勝の実績ほど高い評価は不要である。
ただしクラレントは、東京新聞杯や第30回エプソムカップのように好位のインを追走する展開となれば好走する可能性が高いので、もし内枠を引いた場合には評価を上げるべきである。

第30回エプソムカップでは3番人気のジャスタウェイが2着に追い込んだ。

競馬理論の競馬予想では、毎日王冠の強いレース内容から、東京1800mならば力を最大限に発揮すると判断し、ジャスタウェイを本命に予想した。
レースでは、ジャスタウェイはスタートで出遅れてしまったが、福永騎手が思い切って内ラチ沿いの後方で待機させた。
そしてジャスタウェイは、直線勝負に徹すると、最内から上がり32秒7の強烈な脚で追い込んだのではあるが、クラレントに3セントだけ届かず、2着止まりと終わった。

ジャスタウェイの第30回エプソムカップの2着という結果は、コースロスのない競馬をさせた福永騎手の好騎乗によるものではあるが、上がり32秒7の脚を使って追い込んでいるように若干脚を余し気味であったことを考慮すると、レース内容としては勝ったクラレントを大きく上回る。

よって、第30回エプソムカップ以降の重賞戦線の競馬予想においても、得意な東京コースであれば、ジャスタウェイにかなり高い評価を与えるべきである。

一方、第30回エプソムカップでは、7番人気のサンレイレーザー(藤岡康太)が3着に入った。

競馬理論の競馬予想では、G1級のメンバー相手に2着に好走したマイラーズカップのレース内容及び1枠を引いたことにより好位のインを追走できそうな展開面を考慮して、サンレイレーザーを対抗に予想した。
レースでは、サンレイレーザーはクラレントの直後となる4~5番手のインを進んだ。
そしてサンレイレーザーは、直線で追い出されるとジリジリと伸びたのだが、クラレントとの差はなかなか詰まらずに3着止まりであった。

サンレイレーザーの第30回エプソムカップの3着という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの高い評価は不要である。

よって第30回エプソムカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、相手なりに崩れることなく走るサンレイレーザーにそれなりの高い評価を与えるべきだが、勝ち切るためには展開などの助けが必要と判断すべきである。

さて、第30回エプソムカップの4着以下で注目すべきレース内容だったのは、サクラアルディートである。

サクラアルディートは、第30回エプソムカップで6着に敗れているが、内ラチ沿いを通った馬が1~4着までを独占している中を大外から追い込むというレース内容を考えれば、着順以上の評価が必要である。
よって第30回エプソムカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、第30回エプソムカップ組の中でもサクラアルディートに高い評価を与えるべきである。

以上のように第30回エプソムカップは、クラレントの勝利で幕を閉じたが、第30回エプソムカップは展開が結果に大きな影響を与えたものであり、出走メンバーの中で大きな能力差はない。
よって競馬理論のファンの方は、展開や馬場、条件次第で第30回エプソムカップ組の着順が大きく入れ替わることを頭に入れて、今後の重賞戦線を予想して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>