14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > セイウンワンダーが2歳王者の意地で重賞制覇
2010/06/13
予想屋マスター
回顧録

エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

2010年エプソムカップ セイウンワンダーが2歳王者の意地で重賞制覇

第27回エプソムカップは、ゴール前で3頭の大接戦となったが、写真判定の結果、セイウンワンダーの勝利という結果で幕を閉じた。

第27回エプソムカップの競馬理論の結果は、クラシック戦線でも好走を繰り返してきた格の違いを重視して、セイウンワンダー(福永祐一)を本命に予想した。

レース結果では、セイウンワンダーは、馬場が荒れ気味の内を開けてしまったこともあり、馬群に揉まれる苦しい位置取りでの競馬となった。

しかしながら、セイウンワンダーは、直線で前が開くと、先頭との差を一完歩ずつ詰めて、逃げ粘るシルポート(蛯名)を交わしたところでゴールした。

セイウンワンダーの第27回エプソムカップの勝利は、馬群に包まれる窮屈な競馬を克服してのものであり、着差以上に強い内容であった。

よって、今後の重賞戦線においても、セイウンワンダーに注目すべきである。

ただし、セイウンワンダーは一線級相手では少し能力不足な感は否めないので、G1戦線で通用するには展開などの助けが必要と第27回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

一方、第27回エプソムカップでは、シルポート(蛯名)が2着に粘り込んだ。

第27回エプソムカップの競馬理論の結果は、安田記念馬ショウワモダンにこそ敗れたものの、ハイペースで逃げて2着を確保したメイステークスのレース結果内容から、シルポートにも高い評価を与えていた。

レース結果では、シルポートは、戦前の予想通りに単騎で逃げると、直線では馬場の荒れたインをさけるように、馬場の真ん中に持ち出された。

そして、シルポートは、残り200m位で内からキャプテンベガ、外からセイウンワンダーに並びかけられて、失速してしまうかのようにも見えたが、ゴール前で差し返す脚を披露して、2着に粘り込んだ。

シルポートの第27回エプソムカップの2着は、インが荒れた逃げ馬には不利な馬場状態を克服して、尚且つ、ゴール前で差し返す脚を見せてのものであり、レース結果内容的な価値は高い。

よって、今後の重賞戦線においても、しぶとい粘り腰を持つシルポートには高い評価を与えるべきである。

特に、インが有利な馬場状態や先行馬が少ないレース結果、シルポートの逃げ粘りには要注意と第27回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

一方、第27回エプソムカップでは、9番人気のキャプテンベガ(後藤浩輝)が3着に入った。

キャプテンベガは、セイウンワンダーの内側を進み、直線ではシルポートの内に潜り込んで追い込んだが、上位2頭に僅かに及ばず3着に敗れてしまった。

キャプテンベガの第27回エプソムカップの3着は、得意の東京コースで復調気配を窺わせたものであることも確かだが、馬場の悪いところを避けつつも無駄な距離を走らせなかった後藤騎手の好騎乗によるもので、レース結果の内容的な価値は上位2頭よりも見劣る。

よって、今後の重賞戦線、第27回エプソムカップの好走だけで、キャプテンベガが完全復活なったとみるべきではないと第27回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第27回エプソムカップは、セイウンワンダーの朝日杯フューチュリティステークス以来となる勝利で幕を閉じた。

第27回エプソムカップの競馬理論のファンの方は、今後の夏の重賞戦線においても、セイウンワンダー及びシルポートにはそれなりの注意を払って頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>