14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > ヒカルオオゾラは去年の雪辱を果たせるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

2012年エプソムカップ ヒカルオオゾラは去年の雪辱を果たせるか?

春の東京競馬の最終日には、第26回エプソムカップが行われる。第26回エプソムカップは、春のG1戦線直後の戦いということもあり、一線級不在のメンバー構成となりそうである。

その第26回エプソムカップでは、シンゲン(藤田信二)及びヒカルオオゾラ(武豊)が人気の中心となりそうである。

ヒカルオオゾラは、去年のエプソムカップにも1番人気で出走したが、サンライズマックスにゴール前で差されてしまい、2着に敗れてしまった。しかしながら、ヒカルオオゾラの去年のエプソムカップの2着は、スタート直後の接触で折り合いを欠いてしまったことが影響したものであり、2着といえども非常に強いレース内容であった。 よって、一線級不在の第26回エプソムカップ、叩き3走目のベストな状態でレースに臨むヒカルオオゾラにかなり高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、もう一頭の人気馬のシンゲンは、休み明けで臨んだ新潟大賞典を、3馬身差で圧勝し、重賞初制覇を果たした。シンゲンの新潟大賞典の勝利は、好位のインを追走する展開に恵まれたものとみることもできるが、1分56秒9の好時計で2着に3馬身もの差をつけていることから完勝といっていいだろう。 よって、第26回エプソムカップ、2連勝で充実期を迎えたシンゲンにも、人気とは言えども、ヒカルオオゾラと互角級の高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、シンゲンが制覇した新潟大賞典組からは、5着のアーネストリー(佐藤哲)、7着のダイシングロウ(藤岡佑)及び12着のトウショウウェイブ(吉田豊)などが第26回エプソムカップに出走を予定している。新潟大賞典は、6着に破れたミヤビランベリが後の目黒記念を圧勝しており、ローカルの重賞にしてはレベルの高い一戦であった。 よって、第26回エプソムカップにおいても、新潟大賞典で5着のアーネストリー及び7着のダイシングロウに押さえ程度の評価は与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。ただし、アーネストリー及びダイシングロウは、新潟大賞典でシンザンに大きく離されているので、シンザンを逆転するには展開の助けなどが必要になるであろう。

また、トウショウウェイヴは、新潟大賞典において、出遅れが影響してしまい、見せ場すらなく、12着に敗れてしまった。しかしながら、トウショウウェイヴにとって、第26回エプソムカップが行われる東京競馬場は8戦4勝2着4回とパーフェクト連対を果たしている最も得意なコースである。 よって、第26回エプソムカップにおいて、トウショウウェイヴが得意なコースで一変する可能性も否定できないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、金鯱賞組からは、7着のニルヴァーナ(幸)、10着のミストラルクルーズ(柴田善)、11着のライムキャンディ(松岡)及び14着のリキアイサイレンス(後藤)などが出走を予定している。ニルヴァーナは、金鯱賞でも逃げを打っているように、安定した先行力を持っている。よって、第26回エプソムカップにおいても、ニルヴァーナは、楽な逃げを打てるようであれば、展開利を生かして粘り込んでもおかしくないと競馬理論の競馬予想では判断している。一方、ミストラルクルーズは、休み明けで臨んだ金鯱賞で見せ場すらない10着に敗れてしまったが、去年の夏の重賞戦線の実績を見る限り、第26回エプソムカップのメンバー程度であれば能力的に通用してもおかしくはない。 よって、叩き2走目となる第26回エプソムカップ、金鯱賞の惨敗を度外視してミストラルクルーズにそれなりの高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、11着のライムキャンディ及び14着のリキアイサイレンスは、金鯱賞でのレース内容及びこれまでの実績を見る限り、第26回エプソムカップで通用する可能性は低い。

一方、別路線組では、キャプテンベガ(横山典)、スマイルジャック及びベンチャーナイン(武士沢)に注目すべきである。キャプテンベガは、勝ちきれない競馬が続いているが、重賞戦線でも常に差のない競馬を繰り返しているように、第26回エプソムカップでも好走可能である。しかしながら、キャプテンベガは、女傑ベガの子供ということで、実力以上に人気になる傾向にある。 よって、馬券の期待値を高めるという観点では、人気先行タイプのキャプテンベガを、常に押さえ程度の評価にとどめるのが妥当と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、スマイルジャックは、安田記念において、9着に敗れてしまったが、直線で一瞬披露した脚を見る限り、スムーズな競馬さえできれば好勝負となっていた可能性が高い。よって、第26回エプソムカップに連闘で出走してくるようであれば、皐月賞2着と実績的にも断然のスマイルジャックにかなり高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ベンチャーナインは、日本ダービー、菊花賞及び有馬記念に出走してきたように、これまでの対戦メンバーを見ると、第26回エプソムカップのメンバー程度であれば休み明けを克服してもおかしくはない。 よって、第26回エプソムカップ、休み明けといえども、急激にメンバーが弱化した感のあるベンチャーナインに高い評価を与えるべきである。特に、第26回エプソムカップが前潰れの消耗戦となるようであれば、ベンチャーナインが好走する可能性は更に高まると競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第26回エプソムカップに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第26回エプソムカップの最終的な予想を決断する。競馬理論の競馬予想のファンの方は、第26回エプソムカップの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>