14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > ファストロックは危険な人気馬
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

2012年エプソムカップ ファストロックは危険な人気馬

安田記念で5週連続のG1が終わった東京競馬場では、最終週恒例の第25回エプソムカップが行われる。第25回エプソムカップは、確たる中心馬不在の大混戦模様のメンバー構成となっている。

その第25回エプソムカップで人気になりそうなのは、上がり馬のヒカルオオゾラ(武豊)及びファストロック(安藤勝)である。

ヒカルオオゾラは、去年の11月の復帰以降、4戦3勝2着1回と底を見せておらず、重賞初挑戦でも通用する素質を秘める。 特に、ヒカルオオゾラの前走の朱雀ステークスは、馬なりで後続に3馬身差をつける圧勝であった。朱雀ステークスの2着のサンダルフォン及び3着のヘイローフジが次走の準走オープン戦で惨敗しているように朱雀ステークスのメンバーが弱かった点は多少気になるが、朱雀ステークスの圧倒的な強さを見る限り、ヒカルオオゾラが第25回エプソムカップで好走する可能性は高い。よって、第25回エプソムカップにおいて、上がり馬ヒカルオオゾラに高い評価を与えるべきと第25回エプソムカップの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、もう一頭の上がり馬ファストロックは、2連勝中であり、勢いならばヒカルオオゾラを上回る。そこで、ファストロックの2連勝の内容を振り返ってみる。ファストロックの前々走の1000万下戦は、イン有利な馬場をインの3番手から追走する展開に恵まれたにもかかわらずクビ差と僅差での勝利であり、内容的な価値は低い。また、ファストロックの前走の府中ステークスの勝利は、サケダイスキの大逃げから大きく離れた2番手をスローペースで単騎逃げしているのと同じような状態で追走する絶好の展開に恵まれたものである。つまり、ファストロックの2連勝は、いずれも展開や馬場状態に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。 よって、第25回エプソムカップにおいて、2連勝中の上がり馬として人気になるファストロックを危険な人気馬として第25回エプソムカップの競馬理論の競馬予想では判断している。

ヒカルオオゾラが人気になるのであれば、卯月ステークスでヒカルオオゾラを破ったドリーミーオペラも注目すべきである。しかしながら、卯月ステークスが行われた中山競馬8日目は、皐月賞でキャプテントゥーレが逃げ切ったことからも分かるように、極端にインが有利な馬場であった。そのイン有利な馬場状態で、ドリーミーオペラはインを突いて勝利を収めたのに対し、ヒカルオオゾラは休み明けで大外を回って2着であった。 よって、レース内容的には、ヒカルオオゾラがドリーミーオペラを大きく上回る。 そのため、第25回エプソムカップ、ドリーミーオペラにあまり高い評価を与える必要がないと競馬理論の競馬予想では判断している。

他には、マンハッタンスカイも人気になりそうである。マンハッタンスカイは、重賞で2戦連続2着に好走しており、このメンバーならば実績的に上である。そこで、マンハッタンスカイの重賞2戦について振り返る。マンハッタンスカイの前々走の新潟大章典の2着は、1000m通過60秒7という超スローペースをインの3番手から追走する展開に恵まれたものである。 また、マンハッタンスカイの前走の金鯱賞の2着は、エイシンデピュティの逃げ切りという前残りの展開を2番手から流れ込んだものである。 よって、重賞2戦連続2着というだけで、マンハッタンスカイを過大評価すべきでない。しかしながら、前走の金鯱賞より明らかにメンバーが弱化した第25回エプソムカップ、マンハッタンスカイが安定した先行力を生かして好走する可能性もあり得ると競馬理論の競馬予想では判断している。

マンハッタンスカイが2着に好走した新潟大章典組からは、8着のサンライズマックス(横山典)、10着のグラスボンバー(勝浦)、11着のブライトトゥモロー(小牧)及び12着のトウショウヴォイスが第25回エプソムカップに出走する。新潟大章典の10着のグラスボンバー及び12着のトウショウヴォイスは、大きな不利もなく直線でインを突いたにもかかわらず伸びを欠いており、第25回で好走する可能性は低い。一方、サンライズマックスは、直線で前が壁になる大きな不利を受けたにもかかわらず、2着のマンハッタンスカイと0秒2差で走っており、展開次第ではマンハッタンスカイを逆転可能である。 よって、第25回エプソムカップ、サンライズマックスに、マンハッタンスカイと同等又はそれ以上の評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ブライトトゥモローは、新潟大章典において見せ場なく11着に敗れてしまった。しかしながら、ブライトトゥモローは、重賞1勝2着2回の実績馬であり、前々走の大阪杯でも強敵相手に差のない競馬をしていることからも、第25回エプソムカップでは前走の新潟大章典を度外視してもう一度狙ってみることもできる。 よって、第25回エプソムカップにおいて、ブライトトゥモローにもそれ相応の評価をすべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

他には、トーホウアラン(藤田)も第25回エプソムカップで人気になりそうである。トーホウアランは、中京新聞杯を制して重賞勝ちを収めており、このメンバーならば通用する能力を秘めている。その後、トーホウアランは、中京新聞杯の後に1年以上の休養をして休み明け2戦は見せ場なく敗れてしまったが、前走のオーストラリアトロフィーで3着に好走して復活の兆しを見せた。 よって、得意の東京コースで行われる第25回エプソムカップ、トーホウアランが完全復活を果たしてもおかしくはないと第25回エプソムカップの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第25回エプソムカップに出走する有力各馬の能力を分析した。その分析結果に、枠順、馬場状態、調教及び展開などの様々な要素を加味して、第25回エプソムカップの最終的な予想を決断する。第25回エプソムカップの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第25回エプソムカップの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>