14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > エプソムカップ > 第25回エプソムカップ

2008年エプソムカップ「第25回エプソムカップ」

2008/06/15 UP
by 予想屋マスター
回顧録

エプソムカップ -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4100万円

第25回エプソムカップは、4番人気のサンライズマックス(横山)及び1番人気のヒカルオオゾラ(武豊)の本命サイドで結果が出た。

サンライズマックスは、前走の新潟大章典において前が塞がる不利を受けながら差のない競馬をしていたので、第25回エプソムカップの競馬理論の結果は、サンライズマックスに高い評価を与えていた。

レース結果では、サンライズマックスは、後方の外目を追走し直線でも外から追い込んで、逃げ粘るヒカルオオゾラを捕えて、第25回エプソムカップを制した。

サンライズマックスの第25回エプソムカップの勝利は、混戦の2着争いを尻目に、2着のヒカルオオゾラに1馬身近い差をつけてのものであり、快勝と言っていいだろう。

よって、今後の夏競馬の重賞戦線においても、サンライズマックスには高い評価を与えるべきである。

しかしながら、第25回エプソムカップの勝利は一線級不在の弱いメンバーに恵まれたものでもあるので、現時点において、サンライズマックスが一線級相手となるG1では通用しないと第25回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

第25回エプソムカップで1番人気のヒカルオオゾラは、2着に敗れてしまった。

レース結果では、ヒカルオオゾラは、先行集団から進めたが、レースの結果より3コーナーすぎから行きたがってしまい、4コーナーで単独で先頭に立ってしまった。

その後、ヒカルオオゾラは、直線の坂上からしぶとい二枚腰を発揮して粘り込んだが、ゴール前でサンライズマックスに交わされてしまい、2着に敗れてしまった。

ヒカルオオゾラのエプソムカップの2着は、折り合いを欠いて早め先頭の競馬でのものであって、内容的には勝ち馬を大きく上回る。
よって、次走以降において、折り合いさえつけば、ヒカルオオゾラがサンライズマックスを逆転する可能性は高い。


そこで、未だ底を見せていないヒカルオオゾラの今後のレースで、今までの結果から多いに注目すべきと第25回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

第25回エプソムカップでは、グラスボンバー(勝浦)が3着に、トウショウヴォイス(田中勝)が4着に追い込んだ。

グラスボンバー及びトウショウヴォイスは、後方集団からレース進める結果、直線だけで3~4着に追い込んだ。

グラスボンバーは福島記念馬、トウショウヴォイスは去年の新潟記念2着馬であり、第25回エプソムカップの弱いメンバー程度であれば、この程度走って当然である。

よって、グラスボンバー及びトウショウヴォイスは、一線級不在となる夏競馬の重賞戦線であれば好走可能と第25回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第25回エプソムカップは、サンライズマックスの快勝で幕を閉じた。

しかしながら、レース結果の内容的には、折り合いを欠いて2着に粘り込んだヒカルオオゾラがサンライズマックスよりも上である。

よって、今後の重賞戦線、サンライズマックスよりもヒカルオオゾラに多いに注目すべきと第25回エプソムカップの競馬理論の結果では判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください