15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > ダイヤモンドステークス > フローテーションが念願の重賞制覇を果たせるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
ダイヤモンドステークス -G3- 東京競馬場/芝3400m 左
条件: サラブレッド系4歳以上 賞金:4000万円

2021年ダイヤモンドステークス フローテーションが念願の重賞制覇を果たせるか?

今週のメインレースは、東京芝3400mの長丁場で行われる第59回ダイヤモンドステークスである。第59回ダイヤモンドステークスは、同じ長距離の天皇賞・春を占う意味でも注目されるが、中心馬不在のハンデ戦ということもあり、大混戦模様である。

その大混戦の第59回ダイヤモンドステークスでは、ステイヤーズステークス組で2着のフローテーション(ルメール)、3着のトウカイエリート、4着のベンチャーナイン(武士沢)及び5着のドラゴンファイヤーが人気になりそうである。フローテーションは、菊花賞及びステイヤーズステークスで2着に好走した後の有馬記念でこそ9着に敗れてしまったが、有馬記念の9着は、ダイワスカーレット以外の先行馬総崩れの流れを先行してのものであり、着順ほどレース内容は悪くない。よって、急激にメンバーが弱化した第59回ダイヤモンドステークス、長距離なら崩れないフローテーションが好走する可能性は高いと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第59回ダイヤモンドステークストはウカイエリートのステイヤーズステークスの3着は、開幕週のイン有利の馬場で最内を突いてのものであって、レース内容的な価値は低い。このことは、前走のオープン特別の万葉ステークスで人気を裏切ったことからも分かる。よって、第59回ダイヤモンドステークス、ステイヤーズステークスの3着だけで、トウカイエリートに高い評価を与えるべきでないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ベンチャーナインは、フローテーションと同じローテーションを歩んだが、菊花賞で6着、ステイヤーズステークスで4着、有馬記念で10着とすべてのレースでフローテーションに先着を許しており、現時点ではフローテーションよりも下と判断せざるを得ない。しかしながら、これら3戦の着差からもわかるように、それほど大きな能力差があるわけではないので、展開やハンデ次第では、ベンチャーナインがフローテーションを逆転してもおかしくはない。よって、第59回ダイヤモンドステークスでは、馬券の期待値を高めるために、地味であまり人気にならないベンチャーナインに、フローテーションと互角程度の評価を与えるべきと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想は判断している。

一方、ドラゴンファイヤーのステイヤーズステークスの5着は、イン有利の馬場で外をまわされてのものであり、初芝であったことをも考慮すると、非常にいい内容であった。よって、第59回ダイヤモンドステークス、ドラゴンファイヤーにもそれ相応の高い評価を与えるべきと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、トウカイエリートが6着に敗れた万葉ステークス組からは、4着のブレーヴハート、5着のブラックアルタイル(吉田隼人)及び7着のウインカーディナルも第59回ダイヤモンドステークスに出走を予定している。しかしながら、万葉ステークスの勝ち馬が準オープン特別でも通用していないニホンピロレガーロであったことからも分かるように、万葉ステークスは低レベルな一戦であった。よって、第59回ダイヤモンドステークス、万葉ステークス組のブレーヴハート、ブラックアルタイル、トウカイエリート及びウインカーディナルにあまり高い評価を与えるべきではないと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、日経新春杯組からは、4着のホワイトピルグリム及び8着のドリームフライト(西田)が第59回ダイヤモンドステークスに出走を予定している。第59回ダイヤモンドステークスはテイエムプリキュアが逃げ切る前残りの流れであったので、先行して8着に敗れたドリームフライトよりもホワイトピルグリムに高い評価を与えるべきである。よって、第59回ダイヤモンドステークス、ドリームフライトではなく、ホワイトピルグリムを馬券対象として評価すべきと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、中山で行われた準オープン特別の迎春ステークス組からは、1着のビービーファルコン(田中勝)、2着のモンテクリスエス(北村宏)、3着のエイシンダードマン及び5着のセタガヤフラッグが第59回ダイヤモンドステークスに出走を予定している。ビービーファルコン、モンテクリスエス及びエイシンダードマンの上位3頭は、着差が1馬身以内であったことからもわかるように、能力的に大きな差はない。よって、展開やハンデ次第では、ビービーファルコン、モンテクリスエス及びエイシンダードマンの3頭の着順は大きく入れ替わりそうである。なお、ビービーファルコン、モンテクリスエス及びエイシンダードマンの3頭が重賞でも通じるかどうかが問題になるが、ビービーファルコンがジャパンカップ馬スクリーンヒーロと差のない競馬をした実績やエイシンダードマンが菊花賞で4着に好走した実績を考慮すると、低調なメンバー構成の第59回ダイヤモンドステークスでは通用しそうである。よって、第59回ダイヤモンドステークス、迎春ステークス組のビービーファルコン、モンテクリスエス及びエイシンダードマンにも注目すべきと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想は、第59回ダイヤモンドステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第59回ダイヤモンドステークスの最終的な予想を決断する。第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第59回ダイヤモンドステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>