14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ダイヤモンドステークス > 第55回ダイヤモンドステークス

2006年ダイヤモンドステークス「第55回ダイヤモンドステークス」

2006/02/12 UP
by 予想屋マスター
回顧録

ダイヤモンドステークス -G3- 東京競馬場/芝3400m 左
条件: サラブレッド系4歳以上 賞金:4000万円

3400mという長距離の重賞である第55回ダイヤモンドステークス(G3)の結果を、マッキーマックス(藤田信二)が圧勝した。

今年の第55回ダイヤモンドステークスの結果は、近年の長距離重賞にしては珍しいハイペースとなった。そのため、ダイヤモンドステークスでは切れ味勝負の馬でなく、スタミナ型の馬が上位を独占した。

マッキーマックスは、第55回ダイヤモンドステークスの2週目の3・4コーナで不利を受けたにも関わらず、直線でインから抜け出して、レコードで快勝した。

第55回ダイヤモンドステークスでマッキーマックスは、結果菊花賞5着の実績が示すように、スタミナには自信がある。つまり、第55回ダイヤモンドステークスでマッキーマックスにとっては、ハイペースのスタミナ比べとなったことが、快勝の最大の要因である。

第55回ダイヤモンドステークスでマッキーマックスは長距離戦では今後も注目すべき1頭であることには違いないが、54キロの斥量に恵まれた感も否めない。また、長距離戦でペースが速くなることが稀な近年では、マッキーマックスが今後の重賞でも安定して走る可能性は高くない。

まして、第55回ダイヤモンドステークスで一流馬が出走する天皇賞ではマッキーマックスにとって厳しいレースになると判断せざるをえない。第55回ダイヤモンドステークスで結果2着のメジロトンキニーズ(吉田豊)及び結果3着のトウカイトリック(芹沢)も、長距離向きの馬であることを示した。

しかし、第55回ダイヤモンドステークスで2頭ともハンデ及び展開に恵まれた感が否めず、今後の重賞戦線で上位を賑わす可能性は極めて低いと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の予想結果は判断している。

以上のように、今年のダイヤモンドステークスの結果は、スタミナ比べのレースとなった。そのため、スローペース症候群といわれる近年では、ダイヤモンドステークスの結果内容は、次走以降のレースの参考にはならないと第55回ダイヤモンドステークスでの競馬理論の予想結果は判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください