15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > セントウルステークス > キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
セントウルステークス -G2- 阪神競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:5500万円

2021年セントウルステークス キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰

今週から、関東では中山競馬場、関西では阪神競馬場で秋競馬が開幕する。先週までは馬場の読み難い夏競馬で予想が難しい競馬が続いたが、今週は、イン有利の馬場が予想される得意の開幕週なので、第24回セントウルステークスでは競馬理論の競馬予想の穴馬を大いに期待して頂きたい。

阪神競馬の開幕週では、第24回セントウルステークスが行われる。第24回セントウルステークスは、サマースプリントシリーズの最終戦だが、それ以上にスプリンターズステークスのステップレースという側面が強い。そこで、競馬理論の競馬予想は、第24回セントウルステークスに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

同じサマースプリントシリーズの北九州記念組からは、1着のメリッサ(福永祐一)、2着のスカイノダン(国分恭)、3着のサンダルフォン(酒井)、4着のストリートスタイル(北村友)、7着のレディルージュ(鮫島)、11着のダッシャーゴーゴー(川田)及び17着のエイシンエフダンス(藤岡康)が第24回セントウルステークスに出走する、メリッサ及びスカイノダンの北九州記念の好走は、52キロの軽ハンデとハイペースで前潰れの展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。よって、第24回セントウルステークス、開幕週でイン有利が予想される上に、スローペースになり易い阪神競馬場であることを考慮すると、メリッサ及びスカイノダンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。ただし、メリッサ及びスカイノダンが内枠を引いて好位のインを追走できるようであれば、開幕週の馬場を生かして好走する可能性は高まるとも競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、サンダルフォンの第24回セントウルステークスの3着は、56キロの斤量を背負ってのものであり、上位2頭とは能力差はない。しかしながら、サンダルフォンは開幕週に不利な追い込み脚質なので、第24回セントウルステークス、サンダルフォンに展開及び馬場状態が向く可能性が低く、同じく押さえ程度の評価が妥当と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ダッシャーゴーゴーは、北九州記念では、スタートで出遅れて、4コーナーでも不利を受けており、まったく競馬をしていない。また、ダッシャーゴーゴーは、前々走のCBC賞で、後に函館スプリントステークス及びキーンランドカップを制したワンカラットや北九州記念馬メリッサに先着しており、能力的には互角以上である。よって、第24回セントウルステークス、北九州記念の惨敗で人気が急落するダッシャーゴーゴーを穴馬として注目すべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ストリートスタイル、レディルージュ及びエイシンエフダンスは、北九州記念の見所のないレース内容から、第24回セントウルステークスで通用する可能性は低い。

一方、新潟のオープン特別の朱鷺ステークス組からは、1着のコパノオーシャンズ、6着のエムエスワールド及び10着のシゲルハスラットが第24回セントウルステークスに出走する。朱鷺ステークスは、準オープンですら勝てなかったコパノオーシャンズが勝利を収めていることからも分かるように、オープン特別にしては非常に低レベルな一戦であった。よって、第24回セントウルステークスにおいて、コパノオーシャンズ、エムエスワールド及びシゲルハスラットの朱鷺ステークス組が好走する可能性は低いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、キンシャサノキセキ(四位)、グリーンバーディー(デュプレ)、ファリダット、ヘッドライナー(幸)及びモルトグランデが注目される。

第24回セントウルステークスはキンシャサノキセキは、高松宮記念を制して春のスプリント王となったように、実績的には断然である。ただし、高松宮記念は、5着までが0秒1差、8着までが0秒3差であったように、キンシャサノキセキがスプリント戦線で断然の存在というわけでもない。よって、第24回セントウルステークス、59キロの斤量及び休み明けということを考慮すると、キンシャサノキセキに高い評価を与えつつも、過信は禁物とも競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、グリーンバーディーは、国際G1馬で、実績的には互角以上である。なお、グリーンバーディーのレースは実際に見たことがないので、週末までにはレースを見て、最終的な評価を下そうと考えている。

一方、ファリダットは、G1の安田記念でも3着に好走しており、重賞で勝ちきれてはいないものの、実績的及び能力的に上位である。ただし、ファリダットは追い込み一手の極端な脚質なので、第24回セントウルステークス、開幕週の馬場を考慮して、ファリダットを過大評価すべきでないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ヘッドライナーは、

CBC賞を制してG3馬となったが、CBC賞の勝利は、テンの3ハロン34秒3というスローペースでの単騎逃げの展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。しかしながら、第24回セントウルステークスは、開幕週のイン有利の馬場で行われる上に、出走メンバーを見渡す限り単騎逃げが濃厚なので、ヘッドライナーがCBC賞を再現して逃げ粘ってもおかしくないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、モルトグランデは、キーンランドカップで5着に敗れているが、出遅れて直線では前が塞がる不利を受けてのものであり、度外視可能である。また、モルトグランデは、近走の成績を見れば分かるように、重賞でも好走を繰り返している。よって、第24回セントウルステークス、モルトグランデにもそれなりの評価を与えるべきである。なお、モルトグランデは、先行する器用な脚もあるので、内枠を引いてインの3番手を走るようであれば、悲願の重賞制覇を果たしてもおかしくないとも競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第24回セントウルステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第24回セントウルステークスの最終的な予想を決断する。競馬理論の競馬予想のファンの方は、第24回セントウルステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>