14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > セントウルステークス > 第23回セントウルステークス

2009年セントウルステークス「第23回セントウルステークス」

2009/09/13 UP
by 予想屋マスター
回顧録

セントウルステークス -G2- 阪神競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:5500万円
第23回セントウルステークスは、キャリア10戦目のアルティマトゥーレ(松岡)の圧勝劇で幕を閉じた。 第23回セントウルステークスの結果は、開幕週の馬場ということでアルティマトゥーレの先行力に高い評価を与えていたが、前日の阪神競馬の芝コースで追い込み馬が台頭していたことを考慮して、評価を下げてしまった。 レース結果では、アルティマトゥーレは、3番手の外目を追走し、直線に向くと早めに先頭に立ってそのまま押し切り、第23回セントウルステークスを制覇した。 アルティマトゥーレの第23回セントライト記念の勝利の結果は、2着のスリープレスナイトに2馬身半もの差をつける快勝ではあるが、テンの3ハロン33秒8のスローペースを楽に先行する展開に恵まれてのものであり、着差ほどの能力差はない。 第23回セントウルステークスがいかに先行馬にとって結果、有利であったかは、11人気のコスモベル(佐藤哲)が2番手を追走して3着に粘り込んだことからも分かる。 よって結果、小回りの中山コースということもあって先行争いが激化しそうなスプリンターズステークス、第23回セントウルステークスの見た目だけの強さだけで、アルティマトゥーレを過信すべきでないと第23回セントウルステークスの結果では判断している。 一方、第23回セントウルステークスで1番人気のスリープレスナイト(上村)は、結果アルティマトゥーレに大きく離された2着止まりであった。 結果、スリープレスナイトは、アルティマトゥーレの直後を追走したが、直線では本来の伸びを欠き、2着が精一杯であった。 スリープレスナイトの第23回セントウルステークスの2着は、休み明けで22キロ増という明らかな太目残りと57キロの斤量でのものであって、着差ほど悪い結果の内容ではない。 よって、本番のスプリンターズステークス、スリープレスナイトが結果、アルティマトゥーレを逆転して巻き返す可能性が高いと第23回セントウルステークスの結果では判断している。 一方、第23回セントウルステークスでは、11番人気のコスモベルが結果3着に粘り込んだ。 コスモベルの第23回セントウルステークスの3着は、スローペースを楽に結果2番手で追走する展開に恵まれてのものであって、レース内容的な価値は低い。 よって、スプリンターズステークス、コスモベルよりも、直線半ばまで前が開かずに脚を余したカノヤザクラ及び58キロの斤量で外を回らされたマルカフェニックスに高い評価を与えるべきである。 以上のように、第23回セントウルステークスは、アルティマトゥーレの快勝で幕を閉じた。 しかしながら、アルティマトゥーレの勝利はスローペースで先行する展開に恵まれたものでもあるので、本番のスプリンターズステークス、アルティマトゥーレよりも、スリープレスナイトを見直すべきと第23回セントウルステークスの結果では判断している。

展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください