14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > セントウルステークス > 第21回セントウルステークス
2007/09/09
予想屋マスター
回顧録

セントウルステークス -G2- 阪神競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:5500万円

2007年セントウルステークス 第21回セントウルステークス

サマースプリントシリーズの最終戦の第21回セントウルステークスは、11番人気の人気薄サンアディユ(川田)の圧勝で幕を閉じ、サンアディユが、2007サマースプリントシリーズのチャンピオンとなった。

サンアディユは、好スタートを切ると、逃げるゴールデンキャスト(小牧太)の2番手からレースを進めた。
そして、サンアディユは、直線に向いて川田騎手に追い出されると、後続を突き放し、2着のカノヤザクラ(上村)に5馬身差をつけた結果でゴールした。

サンアディユの第21回セントウルステークスの勝利は、最初の3ハロン33秒4のスローペースを2番手から追走する展開及び開幕週のイン有利の馬場に恵まれたことは確かである。

しかしながら、展開や馬場状態に恵まれたとはいえ、一線級の短距離馬相手に5馬身差で快勝したこと自体には高い評価を与える必要がある。

つまり、第21回セントウルステークスにおいて、サンアディユは、マイペースで先行する自分の競馬さえできれば、G1のスプリンターズステークスでも通用するスピードがあることを示した。

よって、サンアディユがスプリンターズステークスで好走できるか否かは、マイペースで先行できる展開になるかどうか次第であろう。

サンアディユは、スプリンターズステークスでも楽に先行できるようであれば(先行馬が少ないメンバー構成であれば)、再度の圧勝劇まであり得るが、他の先行馬に競られるようであれば(先行馬が多いメンバー構成であれば)、北九州記念のように惨敗してしまうであろう。

中山の1200mでG1レース結果のスプリンターズステークスは、例年、超ハイペースになることが多いので、現時点では、サンアディユが惨敗する可能性のほうが高い。

しかしながら、サンアディユの第21回セントウルステークスの勝利もフロック視されるようであれば、先行馬へのマークが緩くなり、サンアディユが再度逃げ切る可能性が高まることを第21回セントウルステークスの結果のファンの方は忘れてはならない。

第21回セントウルステークスの結果2着には、カノヤザクラ(上村)が追い込んだ。

カノヤザクラは、中段のインからレースを進め、直線でも無駄な距離を走らないようにインから結果2着に追い込んだ。

3歳牝馬のカノヤザクラが古馬相手のG2で2着に追い込んだことから、今年の3歳馬のレベルの高さを改めて示した。

ただし、カノヤザクラの第21回セントウルステークスの2着は、開幕週のイン有利の馬場を最大限に生かしたものであり、内容的な価値は高くはない。

よって、カノヤザクラが第21回セントウルステークスの結果2着によって次走以降のレース結果で過剰に人気になるようであれば、馬券の期待値を高めるために、カノヤザクラの評価を下げる必要があると第21回セントウルステークスの結果では判断している。


第21回セントウルステークスにおいて1番人気のキンシャサノキセキ(藤田信二)は、人気を裏切って結果3着に敗れた。

キンシャサノキセキは、1200m戦のペースに戸惑うことなく、中段の馬込みの中から抜群の手応えでレースを進めた。

そして、キンシャサノキセキは、直線に向いて外に持ち出されたが、手応えの割にはジリジリとしか伸びず、3着の結果に敗れてしまった。

キンシャサノキセキの第21回セントウルステークスの結果3着は、スローペースで前残りの展開に脚を殺されたのも確かである。

しかしながら、キンシャサノキセキの上がりの34秒0は、先行したサンアディユの上がりの33秒5を下回るものであり、今秋のG1を狙うキンシャサノキセキにとっては、休み明けを考慮してもガッカリさせるレース結果内容であった。

よって、この第21回セントウルステークスの内容では、キンシャサノキセキがスプリンターズステークスを始めとするG1を制覇する可能性は低い。

ただし、去年の秋や今年の春のレース結果を振り返る限り、キンシャサノキセキの能力がG1級であることは疑う余地がない。

よって、第21回セントウルステークスを叩いて一変して本来の能力を発揮できる状態となれば、キンシャサノキセキがG1で好走する可能性が高いと第21回セントウルステークスの結果では判断している。

以上のように、サンアディユが、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなり、短距離戦線の中心に急浮上した。

そのサンアディユが、G1のスプリンターズステークスでも通用するかどうかが、今年のスプリンターズシリーズの大きなポイントとなりそうである。

第21回セントウルステークスの結果は、改装後の阪神コースよりもハイペースになりやすい中山コースでは、サンアディユが苦戦する可能性が高いと考えている。

一方、叩き2走目で一変可能な能力を秘めるキンシャサノキセキにスプリンターズステークスでは注目すべきと第21回セントウルステークスの結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>