14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 朝日杯FS > サダムパテックが東スポ杯の強さを再現できるか?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
朝日杯FS -G1- 中山競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牡・牝 賞金:7000万円

2012年朝日杯FS サダムパテックが東スポ杯の強さを再現できるか?

今週のメインレースは、2歳チャンピオン決定戦の第62回朝日杯フューチュリティステークスである。

第62回朝日杯フューチュリティステークスは、馬が若い2歳限定戦である上に、初対戦となる馬が多く、難解な一戦である。

そこで、第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想は、ステップレースごとに、第62回朝日杯フューチュリティステークスに出走する有力各馬の能力を分析する。

京王杯2歳ステークス組からは、1着のグランプリボス(デムーロ)、2着のリアルインパクト(ベリー)、5着のエーシンブラン(蛯名)、6着のロビンフット(後藤)、7着のオースミイージー(渡辺)及び12着のブラウンワイルド(浜中)が第62回朝日杯フューチュリティステークスに出走する。

グランプリボスの京王杯2歳ステークスの勝利は、スローペースで好位のインを追走する展開に恵まれたものだが、1分21秒8の時計は高い評価に値する。

ただし、グランプリボスは、サクラバクシンオー産駒で距離に不安がある上、前々走のデイリー杯で7着に敗れていることから、京王杯2歳ステークスは弱いメンバーに恵まれたものとみることもできる。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、グランプリボスを過信すべきでない

ただし、グランプリボスは、器用な先行力を持つので、内枠を引いて好位のインを追走できる場合には、今のイン有利の中山の芝コースの馬場を生かして、好走可能とも第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、リアルインパクトの京王杯2歳ステークスの2着は、直線で一瞬前が壁になる不利を受けてのものであり、能力的にはグランプリボスと互角である。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、リアルインパクトに、グランプリボスと互角の評価を与えるべきである。

なお、今の中山コースは、外が伸びない馬場状態なので、グランプリボスとリアルインパクトのうち、内枠を引いた馬を重視すべきと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、エーシンブランの京王杯2歳ステークスの5着は、インの3番手の絶好位を走ってのものであり、ロビンフットの京王杯2歳ステークスの6着は、後方のインで待機し直線で大外に出したものであり、オースミイージーの京王杯2歳ステークスの7着は、スローペースの2番手を追走する展開に恵まれてのものであり、レース内容としていずれも着順以上の評価はできない。

また、ブラウンワイルドは、京王杯2歳ステークスで負けすぎた。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、エーシンブラン、ロビンフット、オースミイージー及び12着のブラウンワイルドに高い評価を与える必要はないと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、グランプリボスが7着に敗れたデイリー杯2歳ステークス組からは、2着のアドマイヤサガス(小牧)が第62回朝日杯フューチュリティステークス

アドマイヤサガスのデイリー杯2歳ステークスの2着は、レーヴディソールにこそ力負けであったが、それ以外の強敵には先着を果たしており、高い評価に値する。

デイリー杯2歳ステークスの勝ち馬のレーヴディソールが阪神ジュベナイルフィリーズを力の違いで圧勝して2歳女王となったことや、7着のグランプリボスが京王杯2歳ステークスを制したことから、デイリー杯2歳ステークスのレベルの高さが窺える

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、レベルの高いデイリー杯2歳ステークスの2着馬アドマイヤサガスに京王杯組よりも高い評価を与えるべきと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、東京スポーツ杯2歳ステークス組からは、1着のサダムパテック(スミヨン)、2着のリフトザウイングス(ルメール)及び4着のマイネルラクリマ(松岡)が第62回朝日杯フューチュリティステークスに出走する。

サダムパテックの東京スポーツ杯2歳ステークスの勝利は、スタートで出遅れた上に、道中で折り合いを欠いてのものであって、着差以上の強さであった。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、サダムパテックに本命級の高い評価を与えるべきである。

一方、リフトザウイングスの東京スポーツ杯の2着は、最後方の内目で待機し、直線でも無駄な距離を走らせずに内から追い込ませた武豊騎手の好騎乗によるものである。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークスにおいて、リフトザイングスがサダムパテックを逆転する可能性は低いと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、マイネルラクリマの東京スポーツ杯の4着は、

逃げ争いから大きく離れた3番手を追走する最高の展開に恵まれたものであり、レース内容としては価値が低い

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークスでマイネラクリマが好走するのは、インの3番手などの絶好位を追走した時だけと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組からは、タツミリュウ(江田照)、リベルタス(福永祐一)及びワイズリー(内田)が注目される。

タツミリュウ及びワイズリーは2戦2勝、リベルタスは3戦2勝2着1回と、いずれも能力的に底を見せておらず、未知の魅力がある。

よって、第62回朝日杯フューチュリティステークス、急激に相手が強化するものの未知の魅力があるタツミリュウ、リベルタス及びワイズリーを無視すべきでないと第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想は、第62回朝日杯フューチュリティステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第62回朝日杯フューチュリティステークスの最終的な予想を決断する。

第62回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第62回朝日杯フューチュリティステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>