14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 朝日杯FS > 第60回朝日杯フューチュリティステークス
2008/12/21
予想屋マスター
回顧録

朝日杯FS -G1- 中山競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牡・牝 賞金:7000万円

2008年朝日杯FS 第60回朝日杯フューチュリティステークス

2歳チャンピオン決定戦の第50回朝日杯フューチュリティステークスは、

新潟2歳ステークス馬のセイウンワンダー(岩田)の勝利という結果で幕を閉じた。

第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果は、新潟2歳ステークスにおける、

スタート後に挟まれる不利を受けながら大外から

差し切った次元の違う強いレース結果内容を評価して、

セイウンワンダーを本命に予想した。

レース結果では、セイウンワンダーは、

内枠ということもあって中段の内目をコースロスなく追走し、

直線でも内から馬群を割って抜け出して、

第50回

朝日杯フューチュリティステークスを制覇した。セイウンワンダーの第50回朝日杯フューチュリティステークスの勝利は、

外枠が不利な中山1500mでコースロスのない競馬を

させた岩田騎手の好騎乗によるものと見ることもできる。しかし、東京スポーツ杯を回避して休み明けで臨んだレース結果で

馬群の僅かな隙間を割った勝負根性はさすがと言える。よって、体調の更なる上昇が見込めるセイウンワンダーには、

来年のクラシック戦線においてもそれ相応の高い評価を与えるべきと

第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、話題の新人三浦騎手からルメール騎手に

スイッチして勝負してきたフィフスペクトルは、

追い込み届かず2着に敗れてしまった。フィフスペクトルは、中段の馬群に揉まれない位置で待機していたが、

外からブレイクランアウトに先に仕掛けられ、

4コーナーで前が壁になってしまった。しかしながら、フィフスペクトルは、

ルメール騎手に外に持ち出されると、

抜群の切れ味を発揮して、ブレイクランアウトを交わしたが、

内のセイウンワンダーを捕らえる事ができず、2着に敗れてしまった。フィフスペクトルの第50回朝日杯フューチュリティステークスの2着は、

名手ルメール騎手の腕を加味しても抜群の内容であり、

レース結果の内容的にはセイウンワンダーと互角以上である。よって、来年のクラシック戦線においても、

距離さえ克服できれば、フィフスペクトルが好走する可能性は高い

と第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、第50回朝日杯フューチュリティステークスで

1番人気のブレイクランアウト(武豊)は3着であった。ブレイクランアウトは、いつものように後方からレース結果を進めたが、

中山コースということもあり、

3コーナー過ぎから大外を回って徐々に進出し、

直線では一旦先頭に立ったが、内からセイウンワンダー、

外からフィフスペクトルに差されてしまい、3着に敗れてしまった。ブレイクランアウトの第50回朝日杯フューチュリティステークスの3着は、

小回りの中山コースで終始大外を回って勝ちに行く横綱競馬でのものであり、

悲観すべき内容ではない。よって、来年のクラシック戦線、

素質が高いブレイクランアウトにも、

セイウンワンダー及びフィフスペクトルと同等又は

それ以上の高い評価を与えるべきである。ただし、現時点、ブレイクランアウトは、

横綱競馬で押し切るほど圧倒的な力を

秘めているわけでないことを頭に入れておくべきと第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、5番人気のホッコータキオンは、

中山1500mで不利な8枠15番から先行したものの、

ゴール前で伸びを欠いてしまい4着に敗れてしまった。

ホッコータキオンの第50回朝日杯フューチュリティステークスの4着は、

先行馬総崩れのハイペースを不利な外枠から先行してのものであり、

0秒1差の着差を考慮すると、着差以上の強い内容である。よって、来年のクラシック戦線、

先行馬の少ないレース結果やイン有利の馬場で行われるレース結果では、

ホッコータキオンに人気以上に注目すべきと第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第50回朝日杯フューチュリティステークスは、

セイウンワンダーの完成度の高さ及び勝負強さが目立った一戦となった。しかしながら、第50回朝日杯フューチュリティステークス、

セイウンワンダーだけでなく、2着のフィフスペクトル、

3着のブレイクランアウト及び4着のホッコータキオンも

着順ほど差のないレース結果の内容であった。よって、第60回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果のファンの方は、

来年のクラシック戦線において、セイウンワンダーだけでなく、

フィフスペクトル、ブレイクランアウト及びホッコータキオンにも

大いに注目して欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>