14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 朝日杯FS > 人気のキャプテントゥーレは惨敗の可能性が高い
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
朝日杯FS -G1- 中山競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牡・牝 賞金:7000万円

2012年朝日杯FS 人気のキャプテントゥーレは惨敗の可能性が高い

今週のメインレースは、2歳馬のチャンピオン決定戦となる第59回朝日杯フューチュリティステークスである。第59回朝日杯フューチュリティステークスも、先週の阪神ジュベナイルフィリーズと同様に、中心馬不在の混戦レースとなりそうである。

その第59回朝日杯フューチュリティステークスで人気となるのは、アポロドルチェ(後藤)、キャプテントゥーレ(川田)及びスズジュピター(柴田善)である。

アポロドルチェは、前走の京王杯2歳ステークス(G2)を出遅れながらも、大外からまとめて差し切っており、現時点での完成度は一枚上である。 また、唯一の敗戦となったいちょうステークス、アポロドルチェは、超スローペースで脚を余しただけであり、内容的には勝ち馬を上回っているので、悲観する必要はない。よって、アポロドルチェは、前走の京王杯2歳ステークスよりもメンバーが強化する第59回朝日杯フューチュリティステークスにおいても、好走する可能性が高い。ただし、アポロドルチェが絶対の中心馬ということでもないので、第59回朝日内フューチュリティステークスにおいて過剰に人気になるようであれば、アポロドルチェを対抗以下の評価に落とす必要があると第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

キャプテントゥーレは、前走で、デイリー杯2歳ステークスを制し、重賞ホースの仲間入りを果たした。しかしながら、キャプテントゥーレの前走のデイリー杯2歳ステークスの勝利は、1000m通過61秒0の超スローペースを2番手から追走して押し切る展開に恵まれたものであり、課題評価は禁物である。 よって、第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想は、キャプテントゥーレを、危険な人気馬と評価し、押さえ以下の評価にとどめる予定である。

スズジュピターは、新潟での2戦2勝の時計及び内容が抜群であり、マイルまでの距離であれば2歳馬のトップクラスである。スズジュピターの前走の東京スポーツ杯2歳ステークスの2着にしても、休み明けで常に大外を回らされる不利な競馬によるものであり、上手くインをついて勝利を収めたフサイチアソートを大きく上回る内容であった。 よって、叩き2走目で距離が200m短縮する第59回朝日杯フューチュリティステークスにおいて、スズジュピターが好走する可能性は高いと第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

第59回朝日杯フューチュリティステークス、エーシンフォワード及びゴスホークケンなども人気となる。エーシンフォワードは、2連勝中と底を見せていない点が魅力である。しかしながら、2連勝したいずれのレースも、スローペースの2番手から抜け出したものであり、一線級相手に通用するレース内容とはいい難い。 よって、エーシンフォワードにとっては、第59回朝日杯フューチュリティステークスが試金石の一戦となりそうである。

ゴスホークケンは、前走の東京スポーツ杯2歳ステークスにおいて、直線まで馬なりだったにもかかわらず、追い出されると伸びを欠き4着に敗れてしまった。この東京スポーツ杯2歳ステークスのレース内容を見る限り、200mの距離短縮は、ゴスホークケンに味方しそうであるが、ゴスホークケンがスズジュピターを逆転できるかといわれると疑問である。よって、第59回朝日杯フューチュリティステークス、ゴスホークケンよりも、スズジュピターに高い評価を与えるべきと第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想は、第59回朝日杯フューチュリティステークスにおいて、サブジェクト(安藤勝)にも注目している。サブジェクトは、2歳戦で最もレベルの高かった札幌2歳ステークスにおいて、早め先頭の自ら勝ちに行く競馬をして2着に好走しており、潜在能力は高い。 サブジェクトの前走の萩ステークスの敗戦にしても、出遅れて大外を回らされる展開によるものであり、内容的には悪くない。よって、第59回朝日杯フューチュリティステークスにおいて、サブジェクトにも高い評価を与えるべきと第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

トールポピーが阪神ジュベナイルフィリーズを制したこと考慮すると、ヤマニンキングリーにも注目する必要がある。ヤマニンキングリーは、前走の黄菊賞において、阪神ジュベナイルフィリーズ馬トールポピーを差し切っており、更に武豊騎手が騎乗することもあって、第59回朝日杯フューチュリティステークス馬候補に急浮上してきた。しかしながら、ヤマニンキングリーは、前々走の萩ステークスで8着と惨敗を喫しているように、牡馬の一線級相手では力不足といわざるを得ない。 よって、武豊騎手騎乗で過剰に人気になる可能性が高いヤマニンキングリーに対しては、押さえ程度の評価を与えれば十分と第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

1勝馬のなかでは、新馬戦を圧勝したオーロマイスター(吉田豊)及び未勝利戦の時計が抜群のノットアローン(吉田隼人)が通用しそうである。よって、この2頭の馬が出走できるようであれば、それ相応の評価が必要である。

以上のように、第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想は、第59回朝日杯フューチュリティステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順や馬場状態などの各種要素を加味して、最終的な予想を決断したいと考えている。なお、第59回朝日杯フューチュリティステークスは、外枠が不利な中山1600mで行われるので、枠順が非常に重要になりそうである。 そのため、枠順次第では予想が大きく変動することもあることを頭に入れておいて欲しい。 第59回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第59回朝日杯フューチュリティステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>