14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 朝日杯FS > 第58回朝日杯フューチュリティステークス
2006/12/10
予想屋マスター
回顧録

朝日杯FS -G1- 中山競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牡・牝 賞金:7000万円

2006年朝日杯FS 第58回朝日杯フューチュリティステークス

第58回朝日杯フューチュリティステークスでは、断然人気のオースミダイドウ(ペリエ)が3着に敗れた。その第58回朝日杯フューチュリティステークスを制し、2歳チャンピオンとなったのは、ドリームジャーニー(蛯名)である。

ドリームジャーニーは、前走の東京スポーツ杯と同様に出遅れると、馬群から離れた最後方から競馬を進めた。その後、ドリームジャーニーは、3コーナあたりで外に持ち出され、直線で仕掛けられると、14頭をゴボウ抜きという抜群の切れ味を発揮して、朝日杯フューチュリティステークス馬となった。

1000m通過58.9秒という平均ペースを差し切ったドリームジャーニーのレース結果内容は、高く評価されるべきと第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

よって、ドリームジャーニーは来年のクラシック戦線でも有力候補の一頭になる可能性は低くないと第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

但し、第58回朝日杯フューチュリティステークスにおいて、ドリームジャーニーは、出遅れたことによって馬群から離れた最後方で折り合いに専念でき、能力を発揮することができたとも考えられる。

また、ドリームジャーニーは、先行できる器用な馬ではなく、展開が不向きな場合(スローペース時)に差し脚が不発に終わるという不安も付きまとう。

更に、第58回朝日杯フューチュリティステークスは、時計的にもメンバー的にもレベルが低い一戦であった可能性も否めない。これらのことから、ドリームジャーニーが過剰に人気になったときには、ドリームジャーニーの評価を下げる必要があると第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

2着には、ローレルゲレイロ(本田)が入った。ローレルゲレイロは、スタート後本田騎手に仕掛けられることによって先行し、3番手からレース結果を進めた。

そして、ローレルゲレイロは、早めにオースミダイドウを交わす勝ちに行く競馬をしたが、ドリームジャーニーの強襲に屈し、2着に敗れた。ローレルゲレイロは、自ら勝ちに行っての競馬での2着であり、内容的には、ドリームジャーニーと同等の評価を与えるべきと第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

ローレルゲレイロは、一戦ごとにレース結果内容が良化し、成長が窺える。よって、ローレルゲレイロは、これからの成長力次第でクラシック戦線でも通用する可能性を秘めていると第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。

但し、これも第58回朝日杯フューチュリティステークスのレベルが低くなければの話であり、朝日杯フューチュリティステークス組のすべての馬が、クラシック路線で通用しない可能性まであり得ると第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果は判断している。

断然人気のオースミダイドウ(ペリエ)は、直線で失速し、3着に敗れた。ペリエ騎手は、オースミダイドウが行きたがったので、逃げを打った。

オースミダイドウは、先頭に立ったことによって折り合いはついたが、終始外に逃げたがっていた。そのため、オースミダイドウは、4コーナでも外に膨れてしまい、直線では伸びを欠いて3着に敗れた。

オースミダイドウは、外に逃げる癖を出しただけでなく、レース結果後に故障が判明しており、朝日杯フューチュリティステークスでは能力をまったく発揮できなかった。

オースミダイドウの能力は、これまでの強い競馬を振り返ると、この程度でないはずである。第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果は、オースミダイドウが故障から復帰してきたときには、オースミダイドウに高い評価を与えるべきと判断している。

以上のように、朝日杯フューチュリティステークスは、断然人気のオースミダイドウのアクシデントにより、中波乱の結果となった。

その朝日杯フューチュリティステークスを制して2歳チャンピオンとなったドリームジャーニーの評価は、今後のレース結果内容などを考慮して、慎重に判断すべきと第58回朝日杯フューチュリティステークスの競馬理論の結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>