14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 有馬記念 > 第54回有馬記念
2009/12/27
予想屋マスター

出走日:2010年01月03日(日)
有馬記念 -G1- 中山競馬場/芝2500m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

2009年有馬記念 第54回有馬記念

レジネッタの府中牝馬ステークスの好走は、前潰れの展開に恵まれたものであり、有馬記念のレース内容的には着順ほどの価値はない。よって、本番の第34回エリザベス女王杯、ピエナビーナス及びレジネッタが好走する可能性は低いと第54回有馬記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、府中牝馬ステークスで人気になったカワカミプリンセス及びリトルアマポーラは、早めに勝ちに行く横綱競馬をしたが、ハイペースに巻き込まれてしまい、ゴール前で失速してしまった。つまり、カワカミプリンセス及びリトルアマポーラの敗戦は、ハイペースで先行する展開及び休み明けであったことを考慮すると、着順ほど悲観すべき内容ではない。 よって、第34回エリザベス女王杯、古馬勢の中では、カワカミプリンセス及びリトルアマポーラに、ムードインディゴと互角の評価を与えるべきと第54回有馬記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組からは、メイショウベルーガ(池添)及びシャラナヤ(ルメール)が第34回エリザベス女王杯に出走する。メイショウベルーガは、準オープン勝ちの内容がよく、能力的には大きな差はない。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>