14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 有馬記念 > 第54回有馬記念
2009/12/27
予想屋マスター
回顧録

有馬記念 -G1- 中山競馬場/芝2500m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

2009年有馬記念 第54回有馬記念

第54回有馬記念の結果は、ドリームジャーニーのグランプリ連覇で幕を閉じた。第54回有馬記念の競馬理論は、ブエナビスタを本命に予想したものの、3歳牡馬よりも古馬が上と判断し、ドリームジャーニーにも高い評価を与えていた。

レース結果では、ドリームジャーニーは、出遅れてしまったこともあり、後方2番手から競馬を進めた。そして、ドリームジャーニーは、2週目の3コーナー過ぎから徐々に外目を回って進出すると、直線ではあっという間にブエナビスタに並びかけ、ゴール前できっちりと差し切って、第54回有馬記念の結果を制覇した。

ドリームジャーニーの第54回有馬記念の結果の勝利は、リーチザクラウンが作った1000m通過58秒4の超ハイペースに恵まれたものだが、グランプリ連覇の実績は素直に評価すべきである。

よって、2010年の古馬G1戦線においても、ドリームジャーニーには常に高い評価を与えるべきである。ただし、ドリームジャーニーは追い込み一手の脚質なので、イン有利の馬場状態や先行馬が少ないレースでは、過信せずに評価を下げるべきと第54回有馬記念の競馬理論では判断している。

一方、3歳牝馬でのグランプリ制覇を狙ったブエナビスタは、1番人気に推されたものの、結果2着に敗れてしまった。ブエナビスタは、好スタートを切ると、先行集団の馬込みの中からレースを進め、4コーナーで早め先頭の横綱競馬で押し切りを狙ったが、結果はゴール前でドリームジャーニーに差されてしまった。

ブエナビスタの第54回有馬記念の結果の2着は、ハイペースを自ら勝ちに行く横綱競馬でのものであり、レース内容的にはドリームジャーニーを大きく上回る。

競馬にタラレバは禁物だが、ブエナビスタがいつものように後方からの競馬をしていれば、ドリームジャーニーをもまとめて差し切った結果だっただろう。

しかしながら、横山騎手を鞍上に迎えて手に入れた先行力は、ブエナビスタの今後にとっては間違いなくプラスに働くハズである。よって、2010年のG1戦線は、先行する器用な競馬も可能となったブエナビスタが間違いなく中心になるし、結果をだすと第54回有馬記念の競馬理論では判断している。

一方、第54回有馬記念の結果の3着には、エアシェイディ(後藤)が追い込んだ。エアシェイディは、最後方からレースを進め、2週目の3コーナー過ぎから、ドリームジャーニーを追いかけるように進出し、直線でもしぶとい伸び脚を発揮して、ゴール前で結果3着に浮上した。

エアシェイディの第54回有馬記念の結果の3着は、先行馬総崩れのハイペースを最後方で待機する展開に恵まれたものであり、レース結果内容的な価値は低い。

よって、2010年のG1戦線、有馬記念の結果の3着だけで、エアシェイディを過大評価すべきでないと第54回有馬記念の競馬理論では判断している。

なお、レベルが高いと言われていた3歳牡馬世代は、フォゲッタブルの結果の4着が最高着順であった。

このことから分かるように、条件クラス及びダートの重賞戦線と異なり、芝の中長距離の重賞戦線では、3歳牡馬世代を重視すべきではない。

以上のように、第54回有馬記念は、ドリームジャーニーのグランプリ連覇で膜を閉じた、しかしながら、ドリームジャーニー以上に、ブエナビスタの強さが目立つ一戦でもあった。

第54回有馬記念の競馬理論のファンの方は、ブエナビスタの今後の走りに大いに注目して欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>