14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 有馬記念 > 第51回有馬記念

2006年有馬記念「第51回有馬記念」

2006/12/24 UP
by 予想屋マスター
回顧録

有馬記念 -G1- 中山競馬場/芝2500m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

第51回有馬記念の結果は、伝説の名馬となったディープインパクト(武豊)のためのレースとなった。レース結果は、戦前の予想通り、アドマイヤメイン(柴田善)の大逃げで始まった。ディープインパクトは、スタート後にすぐに下げて、後方からレースを進めた。そして、ディープインパクトは、2週目の3コーナあたりから徐々にポジションを上げていき、直線では大外から追い込んだ結果だ。

ゴール前では武豊騎手が手綱を抑える余裕を見せながらも、ディープインパクトは、結果2着のポップロック(ペリエ)に3馬身差で快勝し、去年の有馬記念の雪辱を果たした。

このように、ディープインパクトの有馬記念の結果内容は、伝説の名馬の引退レースに相応しい結果であった。ディープインパクトのレースを来年から見られなくなるのは、非常に残念であるが、ディープインパクト2世の活躍を第51回有馬記念の競馬理論では期待している。

混戦の結果2着争いをポップロック(ペリエ)が制した。ポップロックは、先行集団でレースを進め、4コーナでも抜群の手応えだったが、結果、前が詰まってしまった。

しかしながら、ポップロックは、ペリエ騎手によって外に持ち出されると、内で粘り込むダイワメジャーを交わして結果2着となった。ポップロックは、ディープインパクトには完敗の内容であったが、ディープインパクトが抜ける来年のG1レースでは常に注目すべき馬であると第51回有馬記念の競馬理論では判断している。

結果3着には、先行したダイワメジャーが粘り込んだ。ダイワメジャーは、アドマイヤメインの大逃げを2番手から追走し、直線で一旦先頭に立ったが、ゴール前で上位2頭に交わされて結果3着に敗れた。

不向きな2500mで早めに先頭に立ったにもかかわらず結果3着に粘り込んだダイワメジャーのレース結果内容は、高い評価に値する。この第51回有馬記念の内容からも、天皇賞及びマイルチャンピオンシップの結果を制したダイワメジャーの今秋の充実が窺える。

ダイワメジャーは、先行できる脚質であり、大崩れもないので、来年のG1レースでも中心となっていくであろう。特に、適距離の2000m以下のレースであれば、ダイワメジャーにかなり高い評価を与えるべきと第51回有馬記念の競馬理論では判断している。

結果4着には、ドリームパスポート(内田博)が追い込んだ。ドリームパスポートは、中段のインを進んだが、直線半ばまで前が開かず、追い出しが遅れてしまった。

そして、ドリームパスポートは、僅かな隙間が開くと馬群をこじ開けていい脚をつかったものの、結果4着に追い込むのが精一杯であった。ドリームパスポートは、スムーズな競馬さえできてれば、2着はあったと思われるレース結果内容であった。

ドリームパスポートは、今年一年間、強敵相手に常に安定して走っており、悲願のG1制覇の夢を来年こそ実現できると第51回有馬記念の競馬理論では判断している。結果5着には、2冠馬メイショウサムソン(石橋)が粘り込んだ。

メイショウサムソンは、ダイワメジャーと並んだ2番手からレースを進めたが、直線では伸びを欠いて結果5着に敗れてしまった。メイショウサムソンは、今秋のすべてのレース結果(神戸新聞杯、菊花賞、ジャパンカップ及び有馬記念)でドリームパスポートに先着を許しており、勝負付けが済んだと第51回有馬記念の競馬理論では判断している。

よって、メイショウサムソンは、展開に大きく恵まれたりしない限り、ドリームパスポートに先着することはない。第51回有馬記念の競馬理論では、2冠馬ということもあり人気になるメイショウサムソンを今後も軽視して予想すべきと考えている。第51回有馬記念の結果で、ディープインパクトは伝説を完結させた。

一方、ディープインパクトが引退した来年のG1戦線は、一転して混戦が予想される。このようなときこそ、第51回有馬記念の競馬理論の腕の見せ所である。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください