14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 有馬記念 > 第50回有馬記念
2005/12/25
予想屋マスター
回顧録

有馬記念 -G1- 中山競馬場/芝2500m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

2005年有馬記念 第50回有馬記念

今年の有馬記念の結果は、ディープインパクト(武豊)一色のレース結果であった。結果として、ディープインパクトは、ハーツクライ(ルメール)の2着に敗れた。第50回有馬記念の競馬理論は、特集記事でも述べたが、ディープインパクトの敗戦の可能性を示唆していた。初の古馬との対戦及び追い込み一手の脚質等を考慮すると、ディープインパクトの単勝1.3倍は過剰人気であると第50回有馬記念の競馬理論は判断していた。有馬記念のレースでは、ディープインパクトは、スタートでいつものように出遅れた。すると、武豊騎手は、安全な競馬をするために、ディープインパクトをすぐに外に持ち出した。ディープインパクトは、そのまま中段の外々を進んだ。そして、ディープインパクトは、3コーナーから徐々に進出し、4コーナーで先行集団に取り付いた。いつものディープインパクトであれば、楽勝の展開である。しかし、有馬記念でのディープインパクトは、伸びてはいるものの、ハーツクライを捕らえきれずの結果2着に終わった。

ディープインパクトの敗戦結果の理由は何であろうか?これは、新聞等でいろいろ述べられている。第50回有馬記念の競馬理論は、イン有利の中山の馬場で終始外を回ったことが最も大きな敗戦結果の理由であると判断している。ディープインパクトは、3歳馬同士であれば、横綱競馬をしても、楽勝できた。しかし、ディープインパクトが、レベルの高い古馬相手に横綱競馬をして差し切れるほど、競馬は甘くない。ディープインパクトは、有馬記念で結果2着に敗れはしたが、悪くない内容であった。

つまり、今回の有馬記念はインが有利な小回りの中山競馬場で行われたので、ディープインパクトは結果敗れてしまった。しかし、レース結果内容を考えると、ディープインパクトが現役ナンバーワンの実力であることを実証したと第50回有馬記念の競馬理論は考えている。以上のように、ディープインパクトは、現役ナンバーワンの実力を持つので、有馬記念後もG1路線の主役になると第50回有馬記念の競馬理論は判断している。ただし、ディープインパクトは、有馬記念後も圧倒的な人気が予想されるので、インが有利な馬場で行われるときには結果を疑ってかかるのも一つの手であると第50回有馬記念の競馬理論は判断している。

ハーツクライが、ディープインパクトを抑えて有馬記念の結果を制した。ハーツクライは、今までのドンジリ強襲の競馬から一変する競馬を結果的に見せた。ルメール騎手の好騎乗によるものかどうかはハッキリしないが、ハーツクライは、抜群の行きっぷりで、4番手を追走した。そして、ハーツクライは、4コーナで外に持ち出すと、抜群の伸び味を発揮し、ディープインパクトの追い込みを凌ぎきった。ハーツクライは、有馬記念の結果で、過去のハーツクライとまったく別の馬のような横綱競馬を見せた。

ハーツクライは、有馬記念の次走以降も、このような競馬を見せることができるのだろうか?ハーツクライの有馬記念の次走以降のレースっぷりに、注目である。結果3~5着には、インを突いた馬が好走した。つまり、リンカーン(横山典弘)、コスモバルク(五十嵐冬樹)及びコイントス(北村宏)は、イン有利の馬場に恵まれた結果の好走である。よって、これらの3頭は、有馬記念の次走以降、有馬記念の好走で過剰に人気になるようであれば、押さえ評価にとどめるべきと第50回有馬記念の競馬理論は判断している。

有馬記念のレース結果内容で注目すべき馬は、ヘヴンリーロマンス(松永幹夫)である。ヘヴンリーロマンスは、天皇賞がフロック視されているが、今回の有馬記念の内容も悪くない。ヘヴンリーロマンスは、中段の外を進み、大外から結果5着に追い込んだ。有馬記念で外を回って好走したのは、ディープインパクトを除けば、ヘヴンリーロマンスだけである。このことを考えると、ヘヴンリーロマンスは、有馬記念の次走以降も注目したい。

特に、ヘヴンリーロマンスは、牝馬同士の重賞ならば負けられないと第50回有馬記念の競馬理論は判断している。今回の有馬記念の結果は、ディープインパクトが敗れるという記憶に残るレースとなった。しかし、第50回有馬記念の競馬理論のファンの皆様は、競馬に絶対がないということ有馬記念の結果から学んで欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>