15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > 第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
2016/01/19
予想屋マスター

出走日:2016年01月24日(日)
AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

2021年AJCC 第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)


今週のメインレースは、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)である。
第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は、春の古馬のG1戦線を占う意味でも注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

中山金杯組からは、2着のマイネルフロスト(松岡正海)、4着のライズトゥフェイム(石川)、5着のステラウインド(蛯名正義)及び9着のマイネルディーン(大野拓弥)が第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
マイネルフロストの中山金杯の2着という結果は、スローペースの単騎逃げの展開に恵まれたものであり、勝たなければならないレースであった。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、マイネルフロストが好走するためには再度楽に先行する展開に恵まれる必要がありそうである。

ライズトゥフェイムの中山金杯の4着という結果は、上がりナンバーワンの脚を使っており、脚を余す強い内容であった。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、差しが届く展開になればライズトゥフェイムがマイネルフロストを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

ステラウインドの中山金杯の5着という結果は、前残りの展開を先行してのものであり、レース内容としての価値は低い。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、ステラウインドに押さえ程度の評価を与えれば十分と判断すべきである。

マイネルディーンは、中山金杯の見所のない内容を見る限り、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、金鯱賞組からは、2着のディサイファが第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
ディサイファの金鯱賞の2着という結果は、好位のインでロスのない展開に恵まれたものだが、内で包まれて仕掛けが遅れてしまったものでもある。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、金鯱賞よりもメンバーが弱化することを考慮すると、ディサイファに高い評価を与えて当然である。
特に、ディサイファは好位のインでロスのない競馬をした時に最大限の能力を発揮するので、内枠を引いた時には本命級の評価を与えるべきである。

一方、ディセンバーステークス組からは、2着のスーパームーン(ルメール)及び3着のグランモンタナ(三浦皇成)が第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
スーパームーンのディセンバーステークスの2着という結果は、3着以下とは1馬身以上の差をつけたが、59キロのトーセンレーヴには力負けであった。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、スーパームーンにも押さえ程度の評価を与えれば十分である

グランモンタナは、ディセンバーステークスの見所のない内容から、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想において高い評価は不要である。

ジャパンカップ組からは、12着のショウナンバッハ(戸崎圭太)が第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
ショウナンバッハのジャパンカップの12着という結果は、一線級相手に着順ほど大きくは負けていないが、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたものでもある。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、差しが届く展開になった時にのみ、ショウナンバッハに注意を払えば十分である。

一方、菊花賞組からは5着のサトノラーゼン(ベリー)が第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
サトノラーゼンの菊花賞の5着という結果は、 ロスのない競馬をしたにもかかわらず伸びを欠いており、距離が長すぎた。
よって、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想においては、距離短縮で好位のインを追走するロスのない競馬ができるようであれば、サトノラーゼンの巻き返しにも注意を払うべきである。

一方、ステイヤーズステークス組からは、4着のマイネルメダリスト(柴田大知)及び8着のスズカデヴィアス(藤岡康太)が第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。
マイネルメダリスト及びスズカデヴィアスは弱いメンバー構成だったステイヤーズステークスの見所のない内容を見る限り、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、スズカデヴィアスが楽に逃げを打った場合にのみ展開利を生かしての粘り込みに注意を払うべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第57回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>