14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > ルーラーシップが力の違いを見せつけて圧勝
2012/01/22
予想屋マスター
回顧録

AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

2012年AJCC ルーラーシップが力の違いを見せつけて圧勝

第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)は、ルーラーシップ(福永祐一)の強さだけが目立つ一戦となった。 第53回アメリカジョッキークラブカップの競馬理論は、超スローペースでオルフェーヴルを上回るレース結果ナンバーワンの33秒2の脚を使って追い込んだ着順以上に強い有馬記念のレース内容と、圧勝した金鯱賞の内容から道悪も問題ないことから、断然人気ではあってもルーラーシップに逆らうべきでないと判断し、自信の本命に予想した。 レース結果では、ルーラーシップは、後方の外目を追走し、3コーナー過ぎから大外を回って徐々に進出した。そして、ルーラーシップは、直線に向くと、大外から一頭だけ次元の違う脚を披露して、あっという間に先頭に立ち、第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)を制覇した。 ルーラーシップの第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)の勝利は、かなり大外を回ってのものであり、3馬身の着差以上の強さを見せつけた。 よって、第53回アメリカジョッキークラブカップの次走として予定されているドバイワールドカップの結果(2012年)においても、ルーラーシップの走りに大いに期待したい。 なお、日本の競馬界、ルーラーシップが打倒オルフェーヴルの一番手になり得るとも第53回アメリカジョッキークラブカップの競馬理論では判断している。一方、第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)の2着には、ナカヤマナイト(柴田善)が入った。競馬理論は、ルーラーシップを除けばG2にしては冴えないメンバー構成であることと、春のクラシック2戦で掲示板を確保していた実力から、ナカヤマナイトにも高い評価を与えていた。 レース結果では、ナカヤマナイトは、中団のインから競馬を進め、4コーナーで大外に持ち出されると、ルーラーシップとの併せ馬に持ち込んだが、あっという間にかわされてしまい、2着止まりであった。 ナカヤマナイトの第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)の2着は、ルーラーシップにこそお力負けであったが、3着のゲシュタルトには2馬身差をつけており、ルーラーシップ以外のメンバーとであれば力が上であることも示した。 よって、第53回アメリカジョッキークラブカップは今後の重賞戦線においても、ナカヤマナイトにはそれ相応の高い評価を与えるべきである。ただし、ナカヤマナイトは、ルーラーシップに完敗したように、G1級相手では力不足とも競馬理論では判断している。一方、第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)では、4番人気のゲシュタルト(蛯名)が3着となった。 ゲシュタルトは、ナカヤマナイトの外目を並んで競馬を進め、3~4コーナーでナカヤマナイトが上がっていくと、仕掛けを遅らせて 最内に潜り込んだ。 すると、ゲシュタルトは、直線で内からジリジリと脚を使ったが、上位2頭からは大きく離されての3着が精一杯であった。 ゲシュタルトの第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)の3着は、G2にしては冴えないメンバー構成に恵まれたものであり、上位2頭から大きく離されたことをも考慮すると、G2での3着ほどの高い評価は不要である。 よって、第53回アメリカジョッキークラブカップは今後の重賞戦線(2012年)においてゲシュタルトが好走するためには、メンバーや展開などに恵まれる必要があると競馬理論では判断している。 なお、第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)の4着以下には見所のあるレース結果内容の馬はいなかった。 以上のように、第53回アメリカジョッキークラブカップの結果(2012年)は、ルーラーシップの圧勝劇で幕を閉じた。 競馬理論のファンの方は、第53回アメリカジョッキークラブカップで日本代表として出走するルーラーシップのドバイワールドカップの結果での走りにも期待して頂きたい。

もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>