14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > ネヴァブションが史上2頭目の連覇達成
2010/01/24
予想屋マスター
回顧録

AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

2010年AJCC ネヴァブションが史上2頭目の連覇達成

第51回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の結果は、ネヴァブション(横山典)の連覇で幕を閉じた。

競馬理論は、絶好調の横山騎手が去年と同じように好位のインを走らせる可能性を鑑みて、ネヴァブションに高い評価を与えていた。 レース結果では、ネヴァブションは、好位のインを追走し、4コーナーでは、逃げるシャドウゲイトの直後に、抜群の手応えで取り付いた。

そして、ネヴァブションは、横山騎手に追い出されると、しぶとい差し脚でシャドウゲイトを捉えたの結果、第51回アメリカジョッキークラブカップを制覇した。

ネヴァブションの第51回アメリカジョッキークラブカップの結果の勝利は、底力も確かだが、去年と同じように好位のインで無駄な距離を走らせなかった横山騎手の好騎乗によるものが大きい。

よって、今後の重賞戦線、横山騎手の好騎乗によるアメリカジョッキークラブカップの結果の連覇だけで、ネヴァブションを過信すべきでないと競馬理論では判断している。一方、第51回アメリカジョッキークラブカップの結果はの2着には、9番人気のシャドウゲイト(田中勝)が 粘り込んだ。

競馬理論は、ハイペースで先行馬総崩れの展開において3~4コーナーで一旦は先頭に立つ非常に価値のある有馬記念のレース結果の内容を評価して、シャドウゲイトを穴馬として非常に高い評価を与えていた。

レース結果では、シャドウゲイトは、2コーナー過ぎからハナに立った。 そして、シャドウゲイトは、直線坂下で後続を引き離したが、ゴール前でネヴァブションに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

シャドウゲイトの第51回アメリカジョッキークラブカップの結果の2着は、スローペースを楽に逃げる展開に恵まれてのものだが、3着以下を3馬身も離しておリ、一線級不在の重賞ならばまだまだ通用することを示した。

よって、今後の重賞戦線においても、第51回アメリカジョッキークラブカップの結果のように先行する競馬を繰り返していれば、シャドウゲイトが好走してもおかしくないと競馬理論では判断している。

一方、重賞初制覇を狙ったトウショウシロッコ(吉田豊)は、去年に続き、3着止まりであった。トウショウシロッコは、中段のインで待機し、直線でもインを突くと、一旦は差し切るかのように伸びだが、上位2頭からは離されてしまい、3着が精一杯であった。

トウショウシロッコの第51回アメリカジョッキークラブカップの結果の3着は、吉田騎手が無駄な距離を走らせない最高の騎乗をしたにもかかわらず、上位2頭からは大きく離されてしまっており、G2では能力不足ということを露呈した。

よって、今後の重賞戦線においても、メンバー次第ではあるものの、トウショウシロッコが勝ちきるまでは難しいと競馬理論では判断している。以上のように、第51回アメリカジョッキークラブカップの結果は、4着までを7歳以上の馬が独占する高齢馬結果となった。

また、第51回アメリカジョッキークラブカップの結果の時計・内容を振り返っても特筆すべきものはないので、第51回アメリカジョッキークラブカップの結果が今年のG1戦線に直結する可能性は低い。

よって、第51回アメリカジョッキークラブカップ組にあまり高い評価を与えるべきではないと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>