14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > 第50回アメリカジョッキークラブカップ
2009/01/25
予想屋マスター
回顧録

AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

2009年AJCC 第50回アメリカジョッキークラブカップ

第50回アメリカジョッキークラブカップの結果は、ネヴァブションの圧勝で幕を閉じた。

競馬理論は、マツリダゴッホを破った日経賞勝ちの実績から、ネヴァブションに高い評価を与えていたが、本命に予想することはできなかった。

レース結果では、ネヴァブションは、3番手のインを終始ロスなく追走し、残り1ハロンで先頭に立つとそのまま押し切って、第50回アメリカジョッキークラブカップの結果を制した。

ネヴァブションの第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、勝利は2着のエアシェイディに2馬身半もの差をつけていることからある程度の評価は必要だが、前日までの雨で外が伸びない馬場をインの3番手を追走する展開に恵まれてのものでもあり、過大評価は禁物である。

よって、今後の重賞戦線においても、G2やG3程度のメンバー構成であればネヴァブションに高い評価を与える必要があるが、一線級が揃うG1戦線では過大評価は禁物と競馬理論では判断している。

一方、有馬記念で3着に好走したエアシェイディ(後藤)は、人気になったが、2着に敗れてしまった。エアシェイディは、中段の馬込みの中で脚をため、
3~4コーナーで外目から徐々に進出したものの、ネヴァブションから大きく離れた2着が精一杯であった。

エアシェイディの第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、2着は、外が伸びない馬場で大外をまわされる不利を克服してのものであり、レース結果の内容的には勝ったネヴァブションと互角又はそれ以上である。

よって、明けて8歳馬になった今年の重賞戦線においても、エアシェイディにそれなりの高い評価を与えるべきと競馬理論は判断している。

一方、第50回アメリカジョッキークラブカップの結果では、7番人気のトウショウシロッコ(吉田豊)が3着に入った。 トウショウシロッコは、終始内々を追走して、直線でも内を突いて3着に追い込んだ。

トウショウシロッコの第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、3着は、イン有利の馬場で無駄な距離を走らせなかった吉田豊騎手の好騎乗によるものであって、レース結果の内容的な価値は低い。

よって、次走以降のレース結果、第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、3着だけで過剰に人気になるようであれば、トウショウシロッコの評価を下げて予想すべきと競馬理論では判断している。

競馬理論が第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、本命に予想したアルナスライン(武豊)は5着に敗れてしまった。アルナスラインは、中段のインを追走し、3~4コーナーで外目に出されると徐々に進出したが、直線では伸びを欠いてしまい、5着に敗れてしまった。

アルナスラインの第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、5着は、期待したほど走っておらず、正直ガッカリさせられるレース結果の内容であった。

よって、次走以降においても、菊花賞2着などの過去の実績だけで人気になるアルナスラインを過信しすぎるべきでないと競馬理論では判断している。

以上のように、第50回アメリカジョッキークラブカップ、結果は、ネヴァブションの復活劇で幕を閉じた。

ネヴァブションは、復調なれば一線級相手でも通用する素質馬だが、第50回アメリカジョッキークラブカップの結果、勝利は展開や弱いメンバーに恵まれたものであることを忘れないで次走以降の予想に生かして欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>