14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > 第49回アメリカジョッキークラブカップ

2008年AJCC「第49回アメリカジョッキークラブカップ」

2008/01/27 UP
by 予想屋マスター
回顧録

AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

第49回アメリカジョッキークラブカップの結果では、エアシェイディ(後藤浩樹)が、15度目の重賞挑戦で念願の重賞制覇を成し遂げた。

エアシェイディは、これまで重賞で5回の2着があるように、重賞をいつ制覇してもおかしくない能力を秘めていた。

レース結果では、エアシェイディは、断然人気のドリームパスポート(松岡)をマークする位置からレースを進めた結果、4コーナーでは抜群の手応えのままドリームパスポートの仕掛けを待って追い出された。

すると、エアシェイディは、ドリームパスポートのインから抜け出して、2着のトウショウナイト(武士沢)に1馬身以上の差をつけて快勝した。

エアシェイディの第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の勝利は、ドリームパスポートの凡走に助けられたものではあるが、他の馬に対しては完勝といえる。

よって、今後の重賞戦線においても、エアシェイディに高い評価を与えるべきと第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の競馬理論の結果では判断している。

ただし、第49回アメリカジョッキークラブカップは一線級が揃うG1でドリームパスポートが通用するには、展開などの助けが必要になるだろう。

第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の2着には、9番人気のトウショウナイトが入った。

トウショウナイトは、ドリームパスポートの外からレースを進めた結果、4コーナーでドリームパスポートに並びかけたが、直線で挟まれる不利を受けて一旦下がってしまった。

しかしながら、第49回アメリカジョッキークラブカップの結果はトウショウナイトは、再度しぶとさを発揮して馬群を割って2着に追い込んだ。

トウショウナイトの第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の2着は、直線での大きな不利を克服してのものであり、内容的な価値は高い。

なお、トウショウナイトは、天皇賞春で掲示板に2度も載るなど実績的には断然なので、復調さえすればこの程度走って当然である。

よって、第49回アメリカジョッキークラブカップの競馬理論の結果は、復調窺えるトウショウナイトを今後の長距離重賞戦線においても重視して予想すべきと判断している。

第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の3着は、ブラックアルタイル(吉田隼人)であった。

ブラックアルタイルは、終始外を回って、4コーナーで先頭に並び掛けたが、トウショウナイトに差し返されて3着に敗れてしまった。

ブラックアルタイルの第49回アメリカンジョッキークラブカップの3着は、終始外を回らされてのものであり、オープン初挑戦にしては内容的に悪くはない。

このように、ブラックアルタイルは、重賞でも通用する能力を示したので、今後の重賞戦線でそれ相応の注意を払う必要があるだろう。

断然人気のドリームパスポート(松岡)は5着に敗れてしまった。

ドリームパスポートは、4コーナーで馬なりで先頭に立ったが、直線で伸びを欠いてしまい5着に敗れてしまった。

ドリームパスポートの第49回アメリカジョッキークラブカップの結果の5着は、早め先頭で目標となる不利はあったものの、まったく見所のない内容であり、この程度の内容では復調に程遠いと判断せざるを得ない。

よって、次走以降も過剰に人気になるようであれば、ドリームパスポートの評価を下げざるを得ない。

但し、3歳時の実績を振り返れば、ドリームパスポートがG1級の能力を秘めているのも確かであり、次走での評価が非常に難しい

以上のように、競馬理論の結果は、第49回アメリカジョッキークラブカップの結果のレース結果を分析した。

競馬理論の結果は、第49回アメリカジョッキークラブカップの結果を制したエアシェイディの今後の活躍に期待したい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください