14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > AJCC > 第46回アメリカジョッキークラブカップ
2005/01/23
予想屋マスター
回顧録

AJCC -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万

2005年AJCC 第46回アメリカジョッキークラブカップ

アメリカジョッキークラブカップの結果は、1着クラフトワーク(横山典弘)、2着エアシェイディ(後藤浩樹)、3着ユキノサンロイヤル(岡部幸雄)で結果が出た。私は、アメリカジョッキークラブカップの馬券は買わなかったが、アメリカジョッキークラブカップの競馬理論を使っての予想は完璧であったと自負している。実際に私の競馬理論によるアメリカジョッキークラブカップの予想は、◎クラフトワーク○エアシェイディ▲ユキノサンロイヤルであり、結果として3連単が大本線の一点目で的中した。戦前、アメリカジョッキークラブカップは、スローペースが予想されていた。私もアメリカジョッキークラブカップの出走メンバーを最初に見たときはスローペースになりそうだと考えた。このアメリカジョッキークラブカップのように誰が見ても先行馬が少ないレースは、意外にそうならないことが多い。騎手も、メンバーを見れば先行馬が少ないこと位は、容易に把握できる。すると、人気の無い馬に乗った騎手が思い切って先行する競馬をしたりするからである。しかし、今回のアメリカジョッキークラブカップの結果は、ハイペースになる可能性が高いと以下の理由から判断した。一つ目の理由は、アメリカジョッキークラブカップにおいて、結果としてニシノサブライム(勝浦正樹)が1枠を引いたことである。アメリカジョッキークラブカップにおいて、ニシノサブライムは、割と速い流れの前走でも折り合いを欠いていた。ニシノサブライムは、逃げなければ持ち味を発揮できず、1枠では引くに引けない。ニシノサブライムは、休み前の目黒記念において、スタート後に並ばれて、大逃げを打った過去がある。これらを加味すると、アメリカジョッキークラブカップにおいて、スタート後に競ってくる馬がいれば、ハイペースを演出する結果は必死であると考えた。

アメリカジョッキークラブカップがハイペース勝負になるであろうもう一つの理由は、先行できる2頭のエルカミーノ(バルジュ)及びタイガーカフェ(ボニヤ)に、積極的な外国人ジョッキーが騎乗したことである。外国人ジョッキーは、いい位置取りをとるために、スタート後に気合をつけることが多い。エルカミーノ及びタイガーカフェは、先行できる脚があるので、気合をつければ、楽に先行でき、ニシノサブライムに並びかける可能性が高い。すると、ニシノサブライムは、アメリカジョッキークラブカップにおいて、結果的に抑えが効かなくなると考えた。

よって、アメリカジョッキークラブカップの結果は、前評判よりもスローペースにならず、ハイペースまでありうると考えて、アメリカジョッキークラブカップの予想を開始した。アメリカジョッキークラブカップにおいて、前残りの展開の時には、タイガーカフェが残ると想定して、それ以外の先行馬は軽視した。アメリカジョッキークラブカップにおいて、スローにならなければ、ファインモーションを差しきっているクラフトワークは負けられない。

クラフトワークは、休み明けの金杯でも、結果としてハンデをものともせずに楽勝した。クラフトワークは、今回のアメリカジョッキークラブカップにおいて、メンバー的に前走程度であり、且つ別定戦であり、条件が揃っている。実際に、アメリカジョッキークラブカップにおいて、クラフトワークは、4コーナまで追い出しを待つ余裕があるレースっぷりからも着差以上の完勝の結果だったといえる。クラフトワークは、中距離路線で今後の結果が楽しみである。アメリカジョッキークラブカップにおいて、エアシェイディは、結果としてクラフトワークには負けたが、内容のある2着という結果であった。

アメリカジョッキークラブカップにおいて、エアシェイディは、ハイペースの流れを、自ずから勝ちにいった。アメリカジョッキークラブカップにおいては、後藤浩樹が例のごとくの早仕掛けで、エアシェイディは、4コーナでは、直後のユキノサンロイヤルに簡単に交されそうだった。しかし、アメリカジョッキークラブカップにおいて、エアシェイディは、最後の最後まで粘り、一旦差されたユキノサンロイヤルを結果として差し返した。この結果は、エアシェイディの能力の証明であり、次走以降が楽しみである。エアシェイディは、キャリアの浅さを考えると、今後も重賞で上位を賑わしそうである。アメリカジョッキークラブカップにおいて、結果として3着だったのは、ユキノサンロイヤルであった。ユキノサンロイヤルは、実力の割に人気にならないタイプであり、馬券的には妙味のある馬である。ユキノサンロイヤルは、有馬記念に出走した実績からも、この低調なメンバーでは明らかに上位の存在である。

アメリカジョッキークラブカップにおいて、ユキノサンロイヤルは、今回は一度は二番手に上がったが、結果的に最後はエアシェイディに差し返された。ユキノサンロイヤル自身は能力を発揮しているが、今回のアメリカジョッキークラブカップにおいては、結果として上位2頭の力が上だった。しかし、ユキノサンロイヤルは、相手なりに走り、人気にならないタイプなので、今後も、G1程度なら、穴馬として注目したい。他にアメリカジョッキークラブカップにおける、次走の注目馬はタイガーカフェである。アメリカジョッキークラブカップにおいて、タイガーカフェは、ニシノサブライムに競りかけて、結果ハイペースを演出したが、思ったほど負けていない。

つまり、タイガーカフェは、着差ほどの能力差はなく、次走で重賞でも注目であり、自己条件なら確勝級である。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>