14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 3歳馬2頭がプリモシーンを差し切る

2019年競馬予想コラム「3歳馬2頭がプリモシーンを差し切る」

松山弘平
2019/07/23 UP
by 予想屋マスター
回顧録

競馬予想コラム -- /
条件: 賞金:

松山 弘平騎手、中京記念制覇おめでとうございます!

 

マスター予想では軸プリモシーン、相手の1番目候補にグルーヴィット。結果最後で3歳馬にプリモシーンが差されるという悔しい結果に!ですがハンデ戦の難しさ、面白さが充分に詰まった白熱したレースでした。マスターの振り返りをご覧ください!

 

ハンデ有利な3歳のワンツーで決まったレース

中京記念(2019年)は、グルーヴィット(松山弘平)及びクリノガウディー(森)の3歳馬2頭が1番人気のプリモシーン(福永祐一)を差し切り、3歳馬同士の決着となった。

 

1着:グルーヴィット

競馬理論の競馬予想では、不利さえなければ上位争い可能だったはずのNHKマイルカップの内容から、グルーヴィットにもかなり高い評価を与えていた。

 

レースでは、グルーヴィットは、好位の馬群の中で脚をためていたが、少しペースが速かったこともあり、一旦は中団に控えた。

 

そして、グルーヴィットは、直線で外に持ち出されると、クリノガウディーと併せ馬の形で脚を使って差し切り、中京記念(2019年)を制覇した。

 

グルーヴィットの中京記念(2019年)の勝利という結果は、軽ハンデと夏場の弱いメンバー構成に恵まれたことは確かだが、4戦目で古馬を破っての重賞制覇は立派である。

 

よって、今後のマイル重賞戦線の競馬予想においても、メンバーや展開次第ではあるが、グルーヴィットにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

2着:クリノガウディー

一方、中京記念(2019年)では、6番人気のクリノガウディーが2着に入った。

 

競馬理論の競馬予想では、前が止まりにくい中京競馬場の芝コースを考慮して、先行力があるクリノガウディーにも高い評価を与えていた。

 

レースでは、クリノガウディーは、少し行きたがっていたが、うまく馬の後ろに入れて中団で脚を溜めた。

 

そして、クリノガウディーは、直線で大外に持ち出されると、鋭い足を使ったが、グルーヴィットにハナ差だけ届かず、2着止まりであった。

クリノガウディーの中京記念(2019年)の2着という結果は、マイルの距離ならば重賞でも通用する能力を示した。

 

よって、今後のマイル重賞戦線においては、クリノガウディーに、グルーヴィットと互角又はそれ以上の評価を与えるべきである。

 

3着:プリモシーン

一方、中京記念(2019年)で1番人気に推されたプリモシーン(福永祐一)は3着に敗れてしまった。

 

プリモシーンは、向正面で外から押し上げて、いつもより前目の位置からの競馬となった。

 

そして、プリモシーンは、4コーナーで先行集団を射程距離に入れて、早めに先頭に立ったが、ゴール前で3歳馬2頭に差されてしまい、3着止まりであった。

 

プリモシーンの中京記念(2019年)の3着という結果は、55.5キロのハンデで自ら勝ちに行く競馬でゴール前甘くなってしまっただけであり、負けて強しの内容であった。

 

よって、今後のサマーマイルシリーズの競馬予想においては、プリモシーンに中京記念組で最も高い評価を与えるべきである。

 

以上のように、中京記念(2019年)は、3歳馬2頭で決着し、3歳馬のレベルの高さを示したが、レース内容としては、プリモシーンの強さが目立った。

 

競馬理論のファンの方は、今後のプリモシーンの走りに大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください