予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 函館SS > 函館スプリントステークス2018の回顧|セイウンコウセイが逃げ切って復活V

函館SS 『函館スプリントステークス2018の回顧|セイウンコウセイが逃げ切って復活V』

優勝馬: セイウンコウセイ 優勝騎手: 池添謙一

函館スプリントステークス(2018年)(2018年)は、3番人気の高松宮記念馬セイウンコウセイ(池添謙一)の復活劇で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、開幕週のイン有利の馬場状態で内枠を引いた点を考慮し、セイウンコウセイにかなり高い評価を与えていたが、逃げ馬揃いのメンバー構成で競り込まれる可能性があるので本命にはできなかった。

 

セイウンコウセイ

レースでは、セイウンコウセイは、最内枠を生かしてワンスインナムーンを制してハナに立った。
そして、セイウンコウセイは、直線でもしぶとく脚を使って、ヒルノデイバローの追い上げをハナ差だけ凌ぎ切り、函館スプリントステークス(2018年)を制覇した。
セイウンコウセイの函館スプリントステークス(2018年)の勝利という結果は、ハイペースを逃げ切ったことは立派だが、開幕週のイン有利の馬場を最大限に生かしたものでもある。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想でも、セイウンコウセイが好走するためにはイン有利の馬場で内枠を引くなどある程度の展開の助けが必要と判断すべきである。

 

ヒルノデイバロー

一方、函館スプリントステークス(2018年)では10番人気のヒルノデイバロー(四位洋文)が2着に入り波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、サングレイザーと僅差の競馬をしたスワンステークスのレース内容から、ヒルノデイバローに人気ほどの差はないと判断し、高い評価を与えていた。
レースでは、ヒルノデイバローは、好位の馬群の中を進み、直線ではスムーズに外に持ち出された。
すると、ヒルノデイバローは、一完歩ごとに差を詰めセイウンコウセイに並びかけたところがゴールだったが、ハナ差だけ届かず、2着止まりであった。
ヒルノデイバローの函館スプリントステークス(2018年)の2着という結果は、スムーズに馬群がさばけたことは確かだが、開幕週の馬場でのコース取りの差を考慮すると、レース内容としては一番であった。
よって、今後の短距離重賞戦線の競馬予想では、ヒルノデイバローがセイウンコウセイを逆転可能と判断すべきである。

 

ナックビーナス

一方、函館スプリントステークス(2018年)で1番人気に推されたナックビーナス(三浦皇成)は3着に敗れてしまった。
ナックビーナスは、逃げ馬2頭を見る形の3番手から抜け出しを狙ったが、わずかに伸び負けて3着止まりであった。
ナックビーナスの函館スプリントステークス(2018年)の3着という結果は、外目を回って自ら勝ちに行く競馬によるものであり、負けて強しの内容であった。
よって、今後の短距離重賞戦線の競馬予想では、相手なりに崩れなく走るナックビーナスに常に高い評価を与えて当然である。

 

以上のように、函館スプリントステークス(2018年)はセイウンコウセイの復活劇で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、高松宮記念馬セイウンコウセイの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。

今週のレース分析記事を読む

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!