予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 安田記念
今週の重賞レース
■ 鳴尾記念ページ
https://www.keibariron.com/database/naruokinen

主なトライアル 主なローテーション
■ 高松宮記念ページ
https://www.keibariron.com/database/takamatumiyakinen
■ 大阪杯ページ
https://www.keibariron.com/database/oosakahai
■ マイラーズCページ
https://www.keibariron.com/database/yomiurimilerscup
■ NHKマイルCページ
https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ 京王杯SCページ
https://www.keibariron.com/database/keiouhaispringcup
■ ヴィクトリアマイルページ
https://www.keibariron.com/database/victoriamile

2019年 安田記念の情報

安田記念記事一覧

福永祐一
絶好位から差し切ったインディチャンプが安田記念を制覇
福永 祐一騎手、安田記念制覇おめでとうございます! 今の東京競馬場の馬場であればアーモンドアイは・・・とアエロリットを軸に予想し、見事的中となりました!にしてもアーモンドアイはやはり最強、ということがマスターの回顧録から […]
2019/06/07 / 回顧録
2019安田記念の解説動画、テキスト版を公開
2019安田記念の解説動画、テキスト版を公開
安田記念の解説動画とテキスト版を公開しております。   <動画テキスト版> こんにちは、予想屋マスターです。   今週は、第69回安田記念についてお話をしたいと思います。   _______ […]
2019/05/31 / 日曜レース 直前分析 解説動画
アーモンドアイとダノンプレミアムが対決!最強牝馬VS最強マイル王
今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった春のマイル王決定戦 安田記念(2019年)の予想について解説する。 現役最強馬アーモンドアイが、単勝オッズ1倍台の断然の1番人気となりそうであ […]
2019/05/28 / 日曜レース 直前分析
安田記念2018の回顧|モズアスコットが連闘でG1制覇
安田記念(2018年)は、単勝オッズ2.8倍のスワーブリチャード(ミルコ・デムーロ)が3着に敗れ、波乱の決着となった。 その安田記念(2018年)を制したのは、9番人気のモズアスコット(ルメール)であった。 競馬理論の競 […]
2018/06/07 / 回顧録
安田記念2018の競馬予想|スワーヴリチャードのG1連勝なるか?
今週は、フルゲート18頭に対して香港馬1頭を含む19頭の出走登録馬があった春のマイル王決定戦 安田記念(2018年)の予想について解説する。 大阪杯を制して悲願のG1馬となったスワーヴリチャードが、単勝オッズ3倍台の1番 […]
2018/05/27 / 日曜レース 直前分析
サトノアラジンが悲願のG1制覇
安田記念(2017年)は、1番人気に推されたイスラボニータ(ルメール)が8着に敗れ、波乱の決着となった。 その波乱の安田記念(2017年)を制したのは、7番人気に推されたサトノアラジン(川田将雅)であった。 競馬理論の競 […]
2017/06/08 / 回顧録
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~安田記念~
こんばんは! 「うまみちゃんねる」椎名友希です! 今年のダービーも盛り上がりましたね。 私の生活も、競馬を中心に回っているので、日本ダービーが1年の終わりでもあり、始まりでもあります。 今年も東京競馬場には、12万人以上 […]
2017/05/31 /
混戦のマイル戦線を制するのはどの馬か?
今週のメインレースは、春のマイル王決定戦の安田記念(2017年)である。 安田記念(2017年)は、20頭もの出走登録がある上に、モーリスの引退により混戦が予想され、人気も割れそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想では […]
2017/05/28 / 直前分析
モーリスが敗れ波乱に
第66回安田記念は、8番人気のロゴタイプ(田辺裕信)が逃げ切り波乱を演出した。 競馬理論の競馬予想では、楽に先行できそうなロゴタイプにも展開面を考慮し、それなりの高い評価を与えていた。 レースでは、ロゴタイプは、楽に先手 […]
2016/06/09 / 回顧録
モーリスの8連勝なるか?
今週のメインレースは、第66回安田記念である。 第66回安田記念は、2015年の年度代表馬モーリスが出走するということもあり、例年以上に注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第66回安田記念に出走する有力各馬の […]
2016/05/31 / 直前分析
モーリスが4連勝でG1制覇
モーリスが4連勝でG1制覇
第65回安田記念は、1番人気のモーリスが4連勝でG1制覇を果たした。 競馬理論の競馬予想では、ダービー卿チャレンジトロフィーの圧勝劇から能力的には一番の評価を与えていたが、出遅れ癖があることから、モーリスを本命にはできな […]
2015/06/17 / 回顧録
モーリスが4連勝でのG1制覇なるか?
モーリスが4連勝でのG1制覇なるか?
今週のメインレースは、春のマイル王決定戦の第65回安田記念である。 第65回安田記念は、確たる主役馬不在で混戦模様であり、馬券的にも妙味がありそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第65回安田記念に出走する有力各 […]
2015/06/10 / 直前分析
ジャスタウェイが世界最強馬の底力を見せつける
ジャスタウェイが世界最強馬の底力を見せつける
第64回安田記念は、ワールドレースホースランキング1位のジャスタウェイが、極悪馬場に苦しみながらも底力を見せつけ、勝利を収めた。 競馬理論の競馬予想では、去年の天皇賞の圧勝劇から国内のG1において他の出走馬とは能力が違う […]
2014/06/12 / 回顧録
ジャスタウェイが世界一の力を見せられるか?
ジャスタウェイが世界一の力を見せられるか?
今週のメインレースは、第64回安田記念である。 第64回安田記念は、ドバイデューティーフリーを楽勝したジャスタウェイが出走することで注目を集めている。 そこで、競馬理論の競馬予想では第64回安田記念に出走する有力各馬の能 […]
2014/06/05 / 直前分析
ロードカナロアがマイルG1をも制覇
ロードカナロアがマイルG1をも制覇
第63回安田記念では、スプリント王ロードカナロア(岩田康誠)が東京のマイルを克服して勝利を収めた。 競馬理論の競馬予想では、着差以上に強い高松宮記念のレース内容をかなり評価しつつも、3歳時のジュニアカップの敗戦から距離延 […]
2013/06/06 / 回顧録
スプリント王ロードカナロアは府中のマイルを克服できるか?
スプリント王ロードカナロアは府中のマイルを克服できるか?
今週のメインレースは、第63回安田記念である。 第63回安田記念は、スプリントG1を3連勝中のロードカナロアの参戦もあり、例年以上の豪華メンバーが揃った。そこで、競馬理論の競馬予想では、第63回安田記念に出走する有力各馬 […]
2013/05/31 / 直前分析
アパパネのマイル重賞連勝なるか?
アパパネのマイル重賞連勝なるか?
今週のメインレースは、春のマイル王決定戦の第61回安田記念である。 第61回安田記念では、去年の年度代表馬のブエナビスタを破ったアパパネが牡馬相手でも通用するかどうかが注目される。 そこで、競馬理論は、第61回安田記念に […]
2012/07/02 / 直前分析
リーチザクラウンが悲願のG1制覇なるか?
リーチザクラウンが悲願のG1制覇なるか?
今週のメインレースは、春のマイル王決定戦の第60回安田記念である。第60回安田記念は、去年のウオッカのような中心馬が不在ということもあり、混戦が予想される。そこで、競馬理論は、第60回安田記念をステップレースごとに分析す […]
2012/07/02 / 直前分析
ウオッカVSディープスカイのダービー馬対決を制するのは?
ウオッカVSディープスカイのダービー馬対決を制するのは?
今週のメインレースは、アジアマイルチャレンジ最終戦の第59回安田記念である。第59回安田記念は、ウオッカ(武豊)とディープスカイ(四位)との3度目のダービー馬対決ということで注目される。これまでの対戦成績は、1勝1敗と五 […]
2012/06/29 / 直前分析
1 2

安田記念の関連情報

安田記念とは

安田記念(やすだきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 安田記念(のうりんすいさんしょうしょうてん やすだきねん)」と表記される。 競走名の「安田」は明治・大正・昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力、日本中央競馬会の初代理事長も務めた安田伊左衛門に由来。東京競馬場には、安田の功績を称え胸像が建立されている。 正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。 中央競馬における上半期のマイル王決定戦として位置づけられているGI競走。 1951年に、「安田賞(やすだしょう)」の名称で創設。名称の由来(前述)となった安田伊左衛門が1958年に死去したため、同年より現名称に改称された。 創設当初は東京競馬場の芝1600mで4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として施行されたが、1984年にグレード制が導入されGIに格付け、施行時期も優駿牝馬(オークス)の前に移され5歳(現4歳)以上の馬による定量戦に変更。引用元:Wikipedia 安田記念